横浜オーシャントーストマスターズクラブの特徴 
 
横浜オーシャントーストマスターズクラブは、2010年9月に第1回例会開催の新しいクラブです。

次のような特徴があります。
1. 首都圏初の「日曜朝」開催のクラブです。 現在首都圏には、東京と神奈川を中心に数十のトーストマスターズクラブが存在します。しかしながら、土曜昼などの特定の時間にクラブの開催が集中することが多く、特に「日曜の朝」という時間帯は、名古屋近辺に1クラブあるのみで、首都圏には皆無でした。
横浜オーシャントーストマスターズクラブは、この潜在ニーズに応えます。日曜朝の時間を有効活用して、土曜日や日曜午後を家族タイムや他の趣味に充てたい方、土曜日に仕事があり日曜日しか参加できないという方、週末も生活のバランスを崩さずに早起きしたい方などにはぴったりの時間帯です。

2. 横浜初の「休日・バイリンガル」クラブです。 バイリンガル(日本語・英語両方のスピーチを学べるクラブ)は、横浜では平日のみ、休日は武蔵小杉などの他地域のみで、「横浜・休日・バイリンガル」という組み合わせが存在しませんでした。横浜オーシャンクラブは、これまで時間や場所が合わずに通えなかった方のニーズにもお応えします。

3.日本語・英語ほぼ半々のウェイトで学ぶことができます。 最近設立されたバイリンガルクラブは、英語初心者向けで中上級者のニーズに応えられなかったり、若しくは逆に英語が相当できる人でないと参加しづらいパターンが多くありました。 横浜オーシャントーストマスターズクラブは、日本語・英語の両方を同じウェイトに置き、「母国語でも外国語でもスピーチ練習をやってみたい」という意欲ある方のニーズの受け皿となれるようなクラブとなっております。

4. 先生がいるのではなく、会員同士がお互いのスピーチのフィードバックを行うことで学べます。非営利団体のため会費も安く、続けやすいのが特徴です。

5. 何よりも、楽しく学ぶことを大切にしています♪ 例会後の懇親会(任意参加)など、会員同士がお互いを知る機会も多くありますので、スピーチを学ぶだけでなく、仕事、年齢などを超えた仲間を作ったり、イベントなどを一緒に運営することで、社会人として必要なリーダーシップ力を同時に養うことができます!