例会記録 / Meeting record

第241回通常例会(Zoom)(2021年1月10日)

2021/01/17 5:59 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿


第240回通常例会(Zoom)(2020年12月27日)

2021/01/06 6:10 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿   [ 2021/01/17 6:09 に更新しました ]

2020年12月27日、第240回Zoomオンライン例会を開催いたしました。
本日は参加者11名での完全オンライン例会を行いました。今年はトーストマスターズの例会でも仕事上でもオンラインミーティングが多く、もう違和感なく例会が開催されました。本日はスペシャルセッションや長めのテーブルトピックセッションもあり、年末例会の特別感がありつつ、全員がたくさんスピーチできる構成となっておりました。

それでは、本日の例会内容をご紹介します!
本日はW辺さんがTMOM担当でした。準備から運営までとても円滑に進められており、タイムマネジメントの行き届いた例会となりました。ありがとうございました
ヘルパーの役割紹介が終わった後に、Tケさんから今朝の言葉「温かさ」の発表がありました。
続いて、15分間の特別セッション「A山S平のトーク番組 アオトーーク」が始まりました。明後日参加されるトークライブの予行演習もかねてのスピーチです。お笑い活動を始めたきっかけ、M-1グランプリの詳細、運営しているyoutubeチャンネル(撮影、編集で6~7時間かかる!撮影はご両親のご協力もあり!)についてスピーチ。これまでの人生もチャレンジして失敗しての繰り返しだったので、この活動でも失敗しても頑張っていきたいと抱負を述べられていました。応援してます!

次に、日本語テーブルトピックスセッションです。テーブルトピックスマスターはTケさんでした。質問のテーマは「今年一番の〇〇」でした。
「2020年で一番驚いたこと」回答者:K戸さん
在宅勤務では仕事にならないと思っていたけれども、実際にやってみると仕事がはかどり、全く問題ない。
「2020年で一番うれしかったこと」回答者:S_hanさん
日本に来たこと。これまでとは違った体験ができている。
「2020年で一番の変化」回答者:W辺さん
ネガティブな変化をあえてスピーチします!在宅ワークが好きになった分、運動をしなくなってレイジーになってしまった。
「2020年で一番の後悔」回答者:A山さん
半沢直樹にすごく熱中した。日曜日にリアルで見て、直後もう一度ビデオを見直していたため、月曜日は半分くらい半澤にとりつかれている態度で仕事をしていた。後で振り返って後悔した。
「2020年で一番面白かった本・映画」回答者:I山さん
メジャーなものは見ていないが、写真家の長嶋友里恵さんの写真集。美大生の時に自分のセルフヌード写真を撮ってデビューした方。今年、アメリカでセルフポートレイツ、今までの変遷を示した内容を発表した。発信しているメッセージが衝撃的だけど素晴らしいと感じた。
「2020年で印象に残っているトーストマスターズ例会」回答者:I岡さん
三笠TMCとの合同例会。ネイティブが多く、勉強になった。合同例会は準備が大変だけれども、とても印象深かった。
「2020年で一番お世話になった人」回答者:K賀さん
住んでいるマンションの管理人さんと駐車場。突然連絡しても快く受け入れてくれた。


休憩をはさみ、英語の部が始まりました。

K戸-san introduced today’s word of the morning, unprecedented or unprecedentedly. Example sentence: I had an unprecedented experience.

 『Prepared speech』はS木さんです。Pathways Visionary Communication Level 4 Project1 「変更の伝え方」のプロジェクトで、タイトルは“Changes required for us in the COVID-19 Period”です。ゲーム・映画で有名なバイオハザードを模したスピーチでした。オンラインでのコミュニケーションという新しいスタイルに変わっていっているが、Keep practicing, challenging , improving が大事。力強いメッセージでした。パワーポイントがとても見やすく、過去例会の写真の登場にはクラブへの愛を感じました。

Next, English Table Topic Session. 
Today’s table topic master was K戸-san.
“Is there any beneficial things or good things you found in corona virus pandemic?” By P_ep san
This pandemic provided a good impact for environment. It made carbon emission decrease through the reduction of the number of transportation.
“How would you evaluate this year?” By W松-san
50:50. Fortunately, I have opportunity to communicate with US people in person. Unfortunately, I have to communicate online at work. On the other hand, I can join the Toastmaster’s meeting online. I don’t feel lonely.
“What would you like to do or aspiration next year?” By Tケ-san
I would like to meet new people in person through joining events.
“What kind of changes are you required at work under Covid-19 situation?” By I岡-san
On line meeting at work and TMC. It helps to save money. I try to enjoy this situation as much as possible.
“Please tell me a favorite thing in winter or how to enjoy winter time?” By S_han-san
Winter is unprecedented time for me. It is first time for me. I want to enjoy this first experience.

Next, Evaluation Session.
I山-san evaluated S木-san’s speech: “It was friendly and unique speech. Your message was powerful. You showed how beneficial the online meeting is and information source show clearly. For improving point, your setting, biohazard, was little bit difficult. Some people don’t know that setting. If I were a speaker, I would say “I am a president. I would like to change… Online communication is good because of those reason…”

本日の総合論評者は、I岡さんです。「時間通り、温かい雰囲気で始まりました。事前にスペシャルトークの告知がありましたが、一切内容は隠されており、何だろうなと思っていましたが、驚きの内容でした。スピーチの途中にyoutubeライブのようにコメントが飛び交っており、それも面白かったです。日本語TTについては、トピックが年末例会と合っておりよかったです。続いて英語セッションについてです。For a prepared speech, tall tale style speech is rare in this club. It was interesting. For English TT session, the choice of questions was good. It was easy to answer. That is good especially for a long TT session. For an evaluation speech, please add a positive comment at the end of evaluation. It is useful to look at timer’s color for adjusting a speech time.」

文法&えーとカウンターの報告がW松さんからありました。「年末の例会というとこで皆さんの一年の成果が出ており、気になるほどの不要な言葉がなかった。あえて言えば、数回ずつ聞こえた時があった。印象に残った言葉やフレーズ:アオトーク」

本日のベスト賞は、English TTはS-han san W松さん、日本語TTは、A山さん、W辺でした。論評とスピーチは1人ずつ行ったため、今回は投票なしでした。皆さんおめでとうございます!

それでは、次回もお楽しみに!


第239回通常例会(Zoom)(2020年12月13日)

2020/12/21 5:36 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿   [ 2021/01/17 6:12 に更新しました ]

239回例会もZOOMによるオンラインにて行われました!
今回はインドのムンバイからもゲストの方がオンライン参加されました!
現在横浜オーシャントーストマスターズクラブではオンラインで例会を行っていますが、場所を選ばずに参加できるのも大きなメリットです!

また、今回は新しい会員の方も加わりました!
入会式ではスピーチについて多くが学べることや、クラブの多様性(diversity)も入会のポイントになったとおっしゃっていました。

▼今日の言葉「Amazing」
毎回今日の言葉として、当日のスピーチに盛り込む言葉や表現を紹介しています。
今回はAmazing(素晴らしい)でした!
素晴らしい例会になりますように!との願いも込めて例会がスタートしました。

▼英語スピーチ
K戸さんがコンフリクトマネジメントに関するスピーチを行いました。
若い頃に米国のホテルで勤務していたときに、ルームシェアをしていた同僚が生活面のことからもめてしまったエピソードも交えて、こうした問題を収めていくことの難しさをスピーチされました。

▼テーブルトピックス(英語)
トーストマスターズクラブでは、例会の中で出されたお題に即興で答える「テーブルトピックス」というコーナーを設けています。
今日はPさんが司会を務めました。

・1問目:What makes you happy?(何によって幸せを感じますか?)
去年までは登山をしたり飲みに行く機会が作れたが、今年は新型コロナで外出もままならず、フラストレーションもたまること。
そしてその中では友人や家族と共に過ごすことが幸せにとても大切だと改めて実感したことをシェアされました。


・2問目:What is the craziest thing you did in your childhood?(子供時代に行った無茶なことは何ですか?)
学校をさぼって友達とボール遊びをした経験をユーモアを交えて回答されました。
学校をさぼる=bunk the school

こうした英語表現が学べるのも楽しいところです。

・3問目:What is your opinion toward the Tokyo Olympics.(オリンピック開催に関するあなたの考えは?)
新型コロナウイルスの影響で、東京オリンピックは取りやめる必要性も出てきているのでは?
ワクチンは承認されたものの、米国で毎日3,000人もの人が1日に亡くなっている。

日常の事から社会問題まで、いろいろなお題に応えることで、「スピーチの瞬発力」を養うことができるのも、テーブルトピックスの特徴です。


・4問目:What are you afraid of in your childhood?(子供のころ怖かったものは?)
エジプト展で美しい棺と同時に、怖いミイラの顔面を見てしまって、非常に怖い思いをした、という経験をシェアいただきました。

▼論評
トーストマスターズクラブでは毎回行ったスピーチに対するフィードバックを行っています。
Tさんはスピーチの良い点・改善点を伝えました。
また、こうした論評の中でも即興的に今日の言葉「Amazing」を使っていました。


▼日本語セッション
後半では日本語のセッションを行いましtあ。

▼今日の言葉「全集中」
今大人気の鬼滅の刃から言葉をピックアップしました。
首相も国会で使った言葉ですね。

▼日本語準備スピーチ「ワクワク環境問題対策」
Kさんがプラスチックごみの削減、Co2排出削減に対するレジ袋有料化の効果についてスピーチしました。
直接の削減効果は薄いものの、世界のために貢献していこうといった意識付けのためには有効な面もあることを指摘しました。

▼日本語テーブルトピックス
司会はHさんが行いました。
即興スピーチのお題は、今日のスピーチや例会で出てきた話題からピックアップしました。

・1問目:あなたが全集中した経験は?
Kさんは、サッカー少年で、中学時代に厳しい先生について、サッカーに全コミット、全集中していた経験をシェアしました。

・2問目:スリランカといえば素晴らしいお茶、お茶の楽しみ方をさわやかに語ってください。
参加者の出身国がスリランカということで、そこからの出題。
Eさんが、忙しい仕事の中で、3時ごろの休憩の時に黒豆茶をグイっと飲む瞬間が貴重な時間、という経験をシェアしました。

・3問目:レジ袋の有料化、消費者としてどう思いますか?
これに対してはOさんが以前からそういう習慣だったこと、直接的な効果は薄いとしても、まず気持ち・モチベーションを高めることが大事、という点を指摘しました。

・4問目:自分の環境(自分のいる場所)をよくするのに取り組みたいこと
これに対してSさんは、クラブの対外コミュニケーションを強化するために、TwitterなどのSNSの活用などが重要になってきている点を話しました。


▼日本語論評
日本語スピーチに対しては、Kさんが論評を行いました。
今回のKさんのスピーチは前回のスピーチに対するフィードバックを受けてさらに良くする、というものでした。
タイトルを伝わりやすくしたり、スピーチの内容と合わせることができた点を評価しました。
一方で、アイコンタクトなどをもう少し改善できるのではないか、という点や、PCの位置が目線より低くなってしまっているので、カメラを高くすることで改善できる点を伝えました。

▼総合論評
今日の例会全体について、Eさんが総合論評を行いました。

今回の例会の良かった点
・毎回活動の振り返りをしていて、会員にとってもよい
・入会式の準備もよかった
・役割調整もKさんが直前にボランティア的に引き受けたり、よかった

毎回の例会の中ではスピーチだけでなく、運営面の良かった点、改善点にもお互いフィードバックを行っています。
今回の例会では英語のベストテーブルトピックススピーカーがH田さん、日本語ベストテーブルトピックススピーカーがK戸さん、ベスト論評者がTさん、ベストスピーカーがsK戸さんでした!

横浜オーシャントーストマスターズクラブでは、毎回楽しく例会をおこなっています。
例会見学も歓迎しております。ぜひふるってお問合せください。



第238回合同例会(Zoom)(2020年11月22日)

2020/12/21 5:35 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿   [ 2020/12/21 6:16 に更新しました ]

11月22日は、横浜オーシャントーストマスターズクラブと、横須賀三笠トーストマスターズクラブの合同例会でした。
他クラブとの合同例会は、いつもと違うメンバーのスピーチを聞くことができるよい機会です。初めて会う人のパーソナルなスピーチを聞くことにより、一気に距離が近づくように感じられます。
一人目のスピーチは、YOTMCからPさんでした。Pさんのスピーチは新人戦のために準備している内容で、今日の合同例会は本番前に他クラブの方のコメントをいただくとてもよい機会となりました。スピーチ内容は、よりパーソナルなエピソードを盛り込むなど、少しずつ変更を加えられてきています。新人戦が楽しみな状態に仕上がっていました。また、今日の三笠のメンバーからのフィードバックも、とても貴重なアドバイスとなりそうです。
二人目のスピーチは、三笠のHさんでした。物語としてよく知られている西遊記を題材とした内容ですが、その物語の中に散りばめられた仏教の考えや、史実にも言及された素晴らしいスピーチだったと思います。
三人目のスピーチは、アメリカ滞在中のWさんでした。日本を離れるときの期待と、アメリカに到着してからのギャップ、望郷の思いとそれを埋め合わせるような場としてのトーストマスターズクラブの存在というのがよく伝わってくるお話でした。
四人目は、三笠クラブのKさんです。Kさんのスピーチも「アリとキリギリス」を題材としたお話でしたが、現代版にアレンジされた結末について、深く考えさせられる内容でした。ストーリーを読むときの、人物描写や声色の使い分けが秀逸で、EvaluatorのHさんからは本物のナレーターのようだという賞賛のコメントがされました。私も思わず聞き入ってしまいました。
テーブルトピックスでは、テーブルトピックマスターの三笠のYさんから、三笠TMCとYOTMCの親睦が深まるような、また本日の例会のテーマの一つである日本とアメリカをはじめとするワールドワイドな、好きな都市、各地での特色あるお祭りや食事についてのトピックがありました。三笠TMCの前PresidentであるMさんと、フロリダに住むお父さんが参加してくれたことで、スケールの大きなトピックが語られました。
今回の合同例会で、2つのクラブの親睦はより一層深まったように感じられます。企画をいただいた皆様、例会の運営、facilitateに協力していただいた皆様に感謝いたします。トーストマスターズクラブの例会はオンラインでも十分行うことができることを確信いたしました。YOTMCでは、今後はさらに国を超えた合同例会にも取り組んでいこうとしています。
リアルの集会ができない間は、オンラインネットワークを強めていけばいい。パンデミックが解消された暁には、このネットワークを生かしてさまざまなクラブと交流を深めていけるようになるとよいと思います。
トーストマスターズクラブに参加したことのない方も、オンラインで気軽に例会に参加いただき、普段触れ合うことのない人たちとの交流を深める機会としていただけたらと思います。


第237回 新人戦インハウスコンテスト(Zoom)(2020年11月8日)

2020/12/21 5:27 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿   [ 2020/12/21 5:30 に更新しました ]

今日は、2020年12月5日(土) 開催の神奈川地区新人対抗戦へのクラブ代表者を決める「新人戦インハウスコンテスト」が行われました。コンテストチェアW辺さん、審査委員長S木さんの下、2名の横浜オーシャンTMC新人メンバー、PさんとTさんがクラブ代表枠の1名を目指してガチンコ勝負です♪両者ともメッセージ性の高い本当に素晴らしい英語スピーチを披露されました。Pさんは“Happiness is a journey”というタイトルで幸せとは何かを考えさせられる教訓を、Tさんは”Being a better version of myself”というタイトルでご自身の経験を踏まえて人と繋がることの大切さを。両スピーチともに熱いメッセージが感じられて、心を打たれました。COVID-19でコミュニュケーションが希薄になり、孤独感や不安感を感じている人が多い今般の状況に合わせた、スピーチ内容だったと思います。

エリアディレクターO野さんはじめ6名のTMC経験豊かなゲストがお越しくださっていて、Feedback Sessionで2名のスピーカーに対して、前向きでかつするどい改善点を含んだ論評をしてくださいました。コンテストに数多く参加されている方々のフィードバックは、自分では思いつかなかったポイントがいくつもあって、スピーカーの両者にとって非常に価値のあるものになったと思います。

両スピーカーともに甲乙つけがたいスピーチ内容でしたが、例会参加者による投票の結果、Pさんが12/5開催の新人戦に進むことになりました!!Pさんおめでとうございます。今日のメンバーからのフィードバックを踏まえてスピーチをブラッシュアップして、ぜひ新人戦で優勝目指して頑張ってきてください♪クラブ全員で応援しています!


さて、例会後半は通常例会です。TMOMはコンテストチェアも務めたW辺さんが引き続き後半も引っ張ってくれます。さすがVPE、頼りになります。後半の通常例会は、Table Topicsセッションが25分という長めの枠で行われました。Table Topics masterはO石さん。お題は「新人戦インハウスコンテスト」に関連して新人だった頃のエピソードや、人生の教訓、今日の言葉「切望」に絡めたものなど。横浜オーシャンTMCメンバー、ゲストの方が満遍なくスピーチの機会をもらえるように質問をあてるあたりが気遣い上手。また、スピーチ後のフォローアップコメントも心温まるもので、スピーチするほうとして嬉しくなりました。Best Table TopicsはゲストS村さんと横浜オーシャンTMCの私W松が受賞しました。おめでとうございます&ありがとうございます。


次回の11月22日は三笠TMCとの合同例会です。国際色豊かな例会が期待できて、次回も楽しみですね。

第236回通常例会(Zoom)(2020年10月25日)

2020/11/03 2:30 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿   [ 2020/11/03 2:34 に更新しました ]

10月25日、第236回通常例会がZOOMで開催されました。別名「ハロウィン例会」として、皆、ハロウィンにちなんだスペシャルな背景やミニコスチュームを使っての参加です!

冒頭でのS木会長の挨拶の後、「今朝のトーストマスター」K寺さんによる教育セッションがスタートしました。


まずは『日本語の部』からです。

『今朝の言葉』はJさんより、今話題の“鬼滅の刃”より「刃(やいば)」という言葉が紹介されました。「刃」には鋭さや威厳、決断の速やかなさまを表す一刀両断などの意味があるとの事です。

『準備スピーチ』はW辺さんで、タイトルは「うそみたいに」です。トーストマスターズクラブで出会ったメンター3名が自分の成長のために時間を割いてくれたエピソードは、自分にとって「うそみたいな」驚きと感謝で、今度は自分から進んで人のために時間を割くことができるようになりたいとのご自身の想いを伝えて頂きました。

『テーブルトピックス』ではK戸さんより、

・コロナ収束後に海外の友人が横浜へやってきたらどこへ連れていきたいか

・私にとっての“懐かしい味”は?

・最近経験した“うそみたいな出来事”は?

・コロナ太りを解消する方法は?

といったお題が出され、大いに場が盛り上がりました。

『論評の部』では、W辺さんに対してW松さんが論評を行いました。スピーカーの良かった点とその理由の説明に非常に説得力があり、改善点の示唆も含めたバランスのよい効果的な論評でした。


休憩を挟んで『English Session』です。

『Word of the Morning』はUSから参加しているW松さんからで、「Exciting」です。USでは大統領選挙が近づいていて国民は皆、Excitingになっているとの事!

『Prepared Speech』はI岡さんより、「Go to Trouble」です。Go to travelにて京都方面へ旅行をした際、安価な値段につられて予約したホテルで散々な目にあった経験を、臨場感たっぷりに共有して頂きました。まさに、“安かろう悪かろう”の実体験で、今後の教訓になるスピーチでした。

『Table Topics』ではJさんより、今朝の言葉(刃:Demon Slayer)やPrepared Speechに関連した内容として、

・What is your favorite animation?

・Who is the greatest person you have met?

・Please share some information of troublemakers (like “Demon”)you have met?

・How to make cost-cutting on your daily life?

・Please share your small success during coronavirus pandemic

 といったExcitingなお題が出されました!

『Evaluation Session』では、I岡さんに対してK戸さんが論評を行いました。スピーチの良かった点や改善点を具体的に上げていて、非常にわかりやすく効果的な論評でした。


『総合論評』では、私E藤から全体を通しての評価、文法係・えーとカウンターのT信さんからは言葉遣いや淀みに関するチェックがフィードバックされました。

そして最後に受賞者の発表です。本日のベスト賞は、日本語テーブルトピックスはJさんとE藤、英語テーブルトピックスはT信さんとK戸さん、論評はW松さん、そして栄えあるベスト準備スピーカーはI岡さんでした。

皆さん、おめでとうございます!

それでは、次回もお楽しみに~



第235回通常例会(Zoom)(2020年10月11日)

2020/10/11 5:55 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿   [ 2020/10/11 6:16 に更新しました ]

今日のTMOMはSさん。タイマーもやりながら進行するというタフなダブルロールでした。・・が見事にやり遂げられました!さすがです!

本日は英語セッションからスタート。

Word of the morningはI山さんが担当され、「Change」になりました。

使おうとその時には思うもののなかなか意識し続けられないのをChangeしたいです。


さて、本日の準備スピーチ1人目はPさんです。

タイトルは、「My communication style」。4つのタイプのコミュニケーション方法を解説してくださり、ご自身のSupportタイプのエピソードを交え、説得力がある内容に仕上げていらっしゃいました。鏡のような振る舞い、存在になるという言葉が印象的でした。

続いて2人目のスピーカーはH田さんです。

タイトルは「Golden Opportunity」。

H田さんは他のクラブにも所属されているベテラン!・・ということで、オープニングから聞き手を惹きつけるような力強いダイアローグから始まりました。ネガティブな体験をポジティブにとらえる、本当に大切なことだと思います。


Table TopicsはI山さんがお題を出してくださいました。スピーチの内容に関連した質問です。How did covid-19 change your communication style? , Is there any golden opportunity?, If you can change your job, what would you like to do?, How has your life changed after covid-19? などでした。

その後は、スピーチの論評です。

まずは、K寺さんが、Pさんの論評です。「間」についてやZoom独特の注意点など聞き手としても非常に役立つものでした。続いて、K戸さんが、H田さんへ2つの良い点、2つの改善点を述べられました。良い点だけでなく、改善点をもらえるのがトーストマスターズの魅力です。自分ではわからないポイントや視点からのアドバイスはより良いスピーチをつくるためには欠かせません。


そして、休憩を挟み後半は日本語の部です。


今朝の言葉は、I岡さんが用意してくださいました。スライドも作成されてとても分かりやすかったです。それもそのはず、「見える化」という言葉がKey wordでした。

日本語のスピーチは、S木さん。タイトルは「自己中心的な人からポジティブに身を守ってみた」です。スライドも使われながら、よどみがなく、スムーズでありながらもフレンドリーさ溢れる話し方でした。内容も面白く、S木さんの心の中の声が思い浮かびました。

お次は、日本語のテーブルトピックス。I岡さんがお題を題してくださいました。

もし自己中心的な、短気な人と仕事をすることになったら?というスピーチに関連したトピックもあれば、食欲の秋ということで、今一番食べたいものは?や世界情勢を反映したトランプとバイデンどちらが勝つと思う?という質問など、さすが!というチョイスでした。

その後、K賀さんによる、S木さんのスピーチへの論評。

いつも驚くのですが、視点は鋭いのですが、伝え方はいたってマイルドで、理想的なフィードバックの仕方だなと感じました。

最後の締めくくりは、わたしの総合論評。なのですが、かなりグダグダになってしまいました。皆さん、ごめんなさい。次はしっかり出来るように振り返りをします。


横浜オーシャントーストマスターズは、こんな失敗も受け入れて下さり、アドバイスも頂けるとてもアットホームなクラブです。厳しい環境は苦手、という方是非横浜オーシャンに見学にいらっしゃってください!



第232回通常例会(Zoom)(2020年9月27日)

2020/09/30 6:25 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿   [ 2020/10/11 6:17 に更新しました ]

今回もZOOMによるオンラインにて、例会を行いました。
今回の司会(今日のトーストマスター)はO石さんが務められました。

現在の新型コロナの状況もあり、今回もZOOMを使ってオンラインで例会を行っています。
例会中も見やすいように、カメラアングルなどをサポートするZOOM担当もも設けて、スムーズに会が進行できるようにしています。

▼今日の言葉「きらめき」Sparkling
毎回きょうのことばを設けて、例会中に意識して使うようにピックアップしています。
今日は「きらめき」。木々の葉のきらめきなど、スピーチで取り入れる言葉を紹介しました。

▼日本語スピーチ
K戸さんがメンタリングに関するスピーチを行いました。
学生時代のコンビニ深夜バイト時代のエピソードを共有されました。

レジ打ち、宅急便、検品・品出しなど、仕事を教わったこと、休憩時間に人生についても
いろいろと話してくれて、学んだエピソードを交えたスピーチを行いました。

今回のスピーチにも関連しますが、トーストマスターズクラブでもメンター制度があり、
特に新しく入会された会員がクラブになじめるようをサポートしています。

さらに既存会員にも広げることで「トーストマスターズクラブ体験」(TMX)が上がるのでは?
と締めくくりました。

▼テーブルトピックス(日本語)
トーストマスターズクラブでは、即興のスピーチをその場で考えて行う
「テーブルトピックス」という時間があります。

今回はW松さんが司会を行いました。

・1問目:あなたの記憶にあるメンタリングの思い出は?
入社するとメンターが指定され、一緒に仕事をして学んだり、コーヒーを飲んだりしながら
色々教わった経験をシェアされました。

・2問目:あなたの初めてのアルバイトは?何を学びましたか?
K戸さんのスピーチから、上記のテーマで質問しました。

指名されたS木さんは、大学時代の葬儀屋さんの駐車場のアルバイト経験をシェアされました。
コンビニやファストフード店などと違って、なじみの少ない業界でのアルバイトに、びっくり
するテーマでした。

葬儀ということで、毎回スーツに紺のネクタイを締め、礼節を守りながら参列者と接することや、
友引には葬儀がないので定休日になることなど、業界知識も学べた経験をシェアされました。

・3問目:なかなかなつかない犬のしつけ、どうすればよい?
E藤さんは、社交的なワンちゃんと交流してみるなど、アドバイスをされました。

・4問目:「生活が変わったな?」と思ったきらめくエピソードはありますか?
I山さんは、引っ越しを予定していて、インテリアを見たり、理想の暮らしが見えてきて
日々の暮らしも楽しくなってきました。
という「きらめき」のある経験をシェアしてくださいました。


▼論評
トーストマスターズクラブの例会では、毎回行ったスピーチに対するフィードバックを
行っています。これにより自分のスピーチをより効果的に向上することができます。

また、まずよかったことを指摘し、次に改善点を伝える「サンドイッチ方式」で、
フィードバックを受ける方も、心理的に受け止めやすい形式で行っています。

K寺さんは、ZOOMのスピーチだったが、立ったスタイルでスピーチをしたので非常に
良かった点を伝えました。

また、身振りからスピーチの自信のなさが伝わらないように気を付ける点や
スピーチの構成について、改善点を伝えました。


▼英語セッション
横浜オーシャントーストマスターズクラブでは、毎回日本語と英語のセッションを
行っています。これにより、毎回日本語スピーチ・英語スピーチのスキルアップを
図ることができます。

▼Word of the morning: Balance
コロナ禍の中で、生活のバランスも大事、ということで、バランスが
今日の言葉になりました。

スピーチ中にできる限り使うようにし、語彙力や表現を膨らませる練習に活用して
います。

▼英語スピーチ
I岡さんがメンタリングについてのスピーチを行いました。
メンターは長期的なつながりでメンティーのスキルアップをサポートする点や、
例会の時に定期的にコミュニケーションをとることでつながりを作る点などについて
スピーチを行いました。

メンターはメンティーの目標を理解してサポートすることが大切、という点も
指摘しました。

▼英語テーブルトピックス
英語でも即興スピーチを行っています。今回はE藤さんからの下記のようなお題に
各メンバーが即興で答えました。
こうしたトレーニングを通じて、英語でのコミュニケーションをとる際の「瞬発力」
も高まります。

・How do you banlance your work & your life?
O石さんは、仕事時間を区切ることは難しいので、仕事の中に自分の興味関心を
含めたものにできるように考えているという点を共有しました。

・Please share your recent experience to be grateful to someone.
W松さんは、職場の上司がメンターとしてリーダーシップについてアドバイスしてくれたり
励ましてくれたりし、非常にありがたかったとご自身の経験を共有しました。

・What is your dream in the future?
K寺さんは、趣味の登山に関連して、世界の7大陸最高峰、特にエベレストに挑戦できたら
素晴らしいという素敵な夢をシェアしました。

・What make you feel that autumn has come?
K戸さんは寒いのが苦手で、秋も気温が下がってつらいが、
暑い夏を思って過ごすことなどを共有しました。
また、秋は過ごしやすいので、秋の夜長に読書をしたりということができて
よい季節です、という点を話しました。

・What is the thing you look forward in this year?
I岡さんは、年内のCOVID-19の克服を期待したいが、やはり難しいと話しました。
やはり難しいものの、なるべく早く皆で集まれるようになったら、と語りました。

▼英語論評
英語でも日本語同様に、スピーチの論評を行っています。

メンターからいろいろ学んで行く中で、教えを受けるメンティーとしては、
自分の目標や夢を忘れずに一貫性をもって学んで行くことの重要性などが分かった点
など、スピーチの良かった点を指摘していました。

▼総合論評
例会全体を通しての振り返りを、総合論評のK寺さんが行いました。

・今日の言葉:きらめき
・Word of the morning:Balance
いずれも意識しないとなかなか使わない単語だったので、非常に良かった点をお話されました。

・English Table Topics
今回の即興スピーチのお題を、当日のスピーチの中から選ばれていた点がよかったと指摘しました。

・文法・えーと係
文法上の間違いや、間をつなぐ「えーと」を各スピーカーが何回使ったかもカウントし、聞き取りやすい
スピーチが行えるようにしています。
I山さんからは、集計の報告がありました。
このようにしてスピーチスキルの向上につなげています。


▼優秀賞
トーストマスターズクラブでは、モチベーションを上げる意味も込めて、
その会で一番良かったスピーカーを選んでいます。

今回はベスト日本語テーブルトピックスがS木さん、ベスト英語テーブルトピックスがK寺さん、
ベスト論評がK寺さん、そしてベストスピーカーかがK戸さんでした!

横浜オーシャントーストマスターズクラブでは、毎回楽しく例会をおこなっています。
例会見学も歓迎しております。ぜひふるってお問合せください。

第233回通常例会(Zoom)(2020年9月13日)

2020/09/30 6:16 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿

9月13日第233回ZOOM例会が開かれました。

No.233 Zoom meeting was held in Sep.13th.


入会して初めてのTMOMを担当するTさんの司会で始まりました。

Today’s TMOM (MC) was TM CT who has never experience TMOM before.


英語の部から開始。本日は2人の準備スピーチから。

Today’s session was started from English session. We had 2 speakers. 


1番目のスピーカーはT信さん。スピーチタイトル“Do you pass chain mail to others?”をスティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」をもとに人には3つのステージがあること、自分の経験話、最後に聴衆への問いかけをし、情報発信だけでなく考えさせるスピーチでした。

The first Speaker was TM. MT. The speech title was “Do you pass chain mail to others?” Based on Stephen R. Covey “The 7Habits of Highly Effective People”. The speech was knowledgeable and making us think.


2番目のスピーカーはシカゴより参加のW松さん。スピーチタイトル“Pet ownership and Shelter intake”.最近ペットを飼い始めたことから、非常に多くのペットがシェルターに入れられている現実を日英比較で話してくれました。実際飼っている子犬も登場に、参加者に癒しを提供してくれました。

The second speaker was TM.MW from Chicago. The speech title was “Pet ownership and Shelter intake”. Based on her the recent experience of having new pet, she compared between JPN and US regarding number of pets in shelter.

During the speech, we saw her pappy, we all got healed. 


テーブルトピックマスターは、Pさん。いつもユニークはトピックを出してくれます。参加者は本日もドキドキさせられました。

Table topic master in English was TM. P. He always gives us unite questions so we get excited to answer those.


後半は日本語の部。

スピーカーはE籐さん。スピーチタイトルは“私の挑戦”.人生100年時代を見据え、20年以上勤めた会社を辞め、未経験の仕事にチャレンジした理由、その中でトーストマスターズクラブの重要性を話してくれました。聴衆が感動するスピーチでした。

Next part was Japanese session. 

Today’s speaker was TM. KE. The speech title was “My Challenge”.  To consider 100 year in life, she totally changed career from the company she stayed over 20years to never experienced job. The speech included the background of career shift and the importance of Toast Masters Club. It was quite impressive speech!


テーブルトピックマスターはK戸さん。スピーチに対し、コメントするアクティブリスニング能力が発揮されました。

Table topic master was TM. HK. His active listening which is giving comments back to the speakers.


本日の表彰/ Today’s award

Best Table Topic Speaker(ENG):K寺さん

Best Table Topic Speaker(JPN):K渡さん

Best Evaluator:K賀さん

Best Speaker: E籐さん



第232回通常例会(2020年8月23日)

2020/09/11 17:53 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿

オンライン(Zoom)例会
S会長挨拶
神奈川TMCの例会に参加し、他クラブの試みを知った話がありました。

今日のTMOM
TM W辺

計時係
TM K戸
自宅にあるもので計時係の役割を説明していました。
ここで、イタリア語を勉強していることを初めて知り驚きました。
今朝の言葉
S会長
綺麗なパワポを使用し、「胸に刺さる」と言う言葉を発表しました。
また、日本語の言葉ですが、英語での定義も紹介していました。
ちなみに英語での定義は、「to resonate emotionally (with one)」
準備スピーチ1 (TM I岡)
トーストマスターズにおけるメンタリングステムを詳しく紹介していました。
初めにメンタリングの語源について説明し、その後、ご自身の会社におけるメンタリングに関して紹介していきました。
ちなみに、メンタリングの語源はメントール(Mentor)さんと言う古代ローマ人からきているとのことです。
そして、印象深かったことは、メンターとメンティーの関係は対等であるところが、コーチングとは異なるとのことでした。

準備スピーチ2 (TM P)
出身であるインドにおける古典的?な話をしました。
話の内容としては、99枚の金貨についての物語であり、100枚に1枚足りないことを嘆くのではなく、99枚あることが幸せだと言うことを説明するものでした。

テーブルトピックス
S会長より4題出されました。
質問1.最近の出来事で幸せに感じたことは?
回答者は今期のエリアディレクターでゲストのO野さんでした。
最初は自クラブで音楽活動をしていることの紹介から始まりましたが、ご自身のピアノが上達したことが幸せとの話で終わりました。
質問2.行ったことがある素晴らしい場所は?
回答者はTM K賀でした。
夏休みに神奈川の海岸線をドライブに行った際、平年とは違う空いている浜辺が良く、久し振りに海水浴に行きたくなったとのこと。
質問3.Pさんの話に関連し、最近買ったもので思いきった買い物は?
回答者は私K寺でした。
投資に関する教材を買った話をしました。
質問4.苦手だと感じたことは?
回答者はTM Pでした。

TM I岡への論評
TM Wが論評しました。
良かった点として、スピーチの構成が素晴らしかったことと、メンターとメンティーとは対等であると言う新たな視点を話されたことを上げました。
一方、改善点として、今の風潮に合った提案を出来ないかとの指摘がありました。
I岡さんの場合、メンターとメンティーとの交流として、居酒屋での付き合いを上げていましたが、新型コロナの時代背景に合わないとのこと。

TM Pへの論評
TM Eが論評しました。
良かった点として、前回と比べ描写が豊かになったことをあげました。
また、幸せとは何か考えさせる良い内容であったこともあげました。

English session

Word of the morning was presented by TM K-ga.
She presented the word of "vivid".

Speach 1 (TM K-be)
He talked about how important leadership skill is.
At first, he presented that leadership style is divided into four, and his leadership style is visualy leader.
Then he indicated that leadership is important not only in working place but in private.

Table Topic
Three questions were posted  by TM K-ga.
1.What is the memorable present?
I, K-tera answered the question and talked about not phsical present but memory. I talked about spending time with my parenets in summer vacation.
2.What is your routine before important event?
TM O answered the question and he presented that he would stand in front of mirror before important event and say to himself "you can do it"
3.Tell us your experience you persuade very difficult?
President S answered the question and he said that he is not good at connecting with others.

Evaluation for TM K.
She indicated that his speach constraction is clear but she felt that speach title did not match the conclusion.

1-10 of 229