例会記録 / Meeting record

第252回通常例会(Zoom)(2021年6月27日)

2021/06/27 7:52 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿   [ 2021/06/27 8:03 に更新しました ]

2021年6月27日(日)、6月2回目の横浜オーシャントーストマスターズクラブ例会が開催されました。

今回は、トーストマスターズクラブの1年間の年度最後の例会、つまり現役員体制での最後の例会でした。と言うわけで年度末恒例の役員退任式と新役員就任式からのスタートでした。

ほとんどの現役員は来期も役員を継続して同じ役割もしくは新しい役割を担う方が多くいて、次期役員を担当されない、秘書役のI岡さん、会長のS木さんのお二人が退任の挨拶をされ、続いて新役員メンバーの会長E藤さん、VPEのK戸さん、VPMのPLKさん、VPPRのK寺さん、会計のTCさん、会場係のW邊さん、秘書役のT信さんらが次年度の抱負などを力強く語ってくれました。来期も益々楽しみです。


そして、教育セッションは、日本語セッションからのスタートです。


今日のTMOMは大晦日例会を飾るべく会長のS木さん、役員退任式と就任式で時間の遅れが生じたところを、重要な部分はしっかりと抑えつつ差し支えない範囲で機転の効く采配によりじりじりと取り戻していく様子は流石です。

例会前の役割のアサインコントロールからベテランの風格漂う余裕を感じさせてくれました。また、例会でも安心感の持てるマネジメントを発揮し、プログラムをきっちりと進めてくれました。


今日の言葉は、アメリカから参加のW松さんから「安心」と発表されました。W松さんの住む米イリノイ州では新型コロナワクチンの接種率が50%を超え、パンデミック前の安心出来る状況に戻りつつあるとのことで、早く日常を取り戻せることを祈念した時勢を適切に反映した言葉を紹介していただきました。


準備スピーチは、TCさんとK賀さんのお2人。

まず、最初にTCさんからのスピーチ「タダ乗り卒業しました!」。そのタイトルに誰もが興味津々でしたが、本人のチーム作業における貢献などの内容で、高校生の頃からのリアルな内容に、次にどうなるのかが目が離せないストーリーで、すっかり惹き込まれるスピーチでした。


2番目のスピーカーは、ベテランK賀さんの「振り返ってみればそこに」。責任ある次期エリアディレクターのオファーを受けるまでの葛藤などを、ご自身の経験を振り返りながら説得力のあるスピーチを披露してくれました。我らがK賀さんをエリアディレクターとして輩出できること横浜オーシャンTMCメンバーの一員としてとっても誇りに感じる次第です。応援しています!


続いて日本語テーブルトピックスは、久々参加のA山さんから、ご自身の床屋さんでの理容師さんとの会話をベースに少し回答に悩む以下3問が質問されました。

Q1. 伝えたいけど言いにくい経験は? to S木さん

Q2. これまで辛かった時期は? to S村さん(ゲスト)

Q3. 17年間継続している(た)ことは? to W松さん


そして、次は準備スピーチへの論評の部です。

TCさんへの論評:E藤さん

K賀さんへの論評:K寺さん

やはりお二人ともベテランの安定感で、まず、スピーカーの良かった点を具体性を示して説明し、論評の主目的の一つ、スピーカーへモチベーションを与えると言う点をしっかりと踏まえつつ、スピーカーに寄り添う具体的な改善ポイントを指摘する内容でした。


休憩を挟み、後半は【英語の部】に移ります。


英語の部のWord of the morningは、K戸さんから、パンデミックを乗り切る心掛けとして「optimistic」が紹介されました。


そして、準備スピーチは、I岡さんの「Mentoring from far away」。ご自身のPathwaysプログラムの一環で6ヶ月間の長きにわたり愛媛県のTMCの方へメンタリングを実施され完了した経験を披露してくれました。Pathwaysのどのプログラムを選択していてもレベル3では必ずメンタリングのアサインメントがあると言う情報ほかPathwaysプラグラムにおいて横浜オーシャンTMCでは間違いなく先頭を走って、先人のいない道なき道を開拓しつつ、毎度その経験を例会で余すところなく共有して見本を見せてくれているI岡さんにはいつも脱帽です。


続く英語テーブルトピックスは、SAさんから、冒頭の説明でもしっかりと今朝の言葉を取り入れて、落ち着いて安心感の持てる進行で和やかな雰囲気を醸成してくれました。

Q1. What is happiness meant to you? to O野さん(ゲスト)

Q2. What is your wish list? to H田さん

Q3. What is your childhood fun memory? to GRさん


次に、英語論評の部は、I岡さんへの論評:T信さんが初の英語論評にトライされました。

冒頭は洗練された言葉でしっかりと称賛し、良かった点について具体的な内容を引用して説明し、改善点についてもしっかりと指摘、最後に再度褒めるいわゆるサンドイッチ式論評のお手本のようでした。


最後に綜合論評は我らがレジェンドH田さん。W邊さんに文法係・えーとカウンターの報告をもらった後は、時間制限に配慮して論評者に対するポジティブ面のみの論評のみに時間を割くという形の配慮を持って締めくくってくれました。


最後に本日の受賞は、


ベスト日本語TT: W松さん、ベスト英語TT:GRさん、ベスト論評者:E藤さん、ベストスピーカー:TCさんでした。次回もお楽しみに!


第251回通常例会(Zoom)(2021年6月13日)

2021/06/18 19:40 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿


第250回通常例会(Zoom)(2021年5月30日)

2021/06/18 19:39 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿   [ 2021/06/18 20:14 に更新しました ]

本日は2名のゲストを迎え、記念すべき250回の例会でした。

TMOMは入会後初めて担当されるT信さん。初めてとは思えない安定の運営でした。

本日の言葉は、K賀さんによる、「おぼろげ」、なんと日本語らしい響き。。英語の部はK戸さんによる”Adaptable”、ダーウィンの進化論から生き残るのは環境に”適応”した生物。コロナ禍を生きるからこそしみじみ。

日本語スピーカーは2名。I岡さんとH田さん。

I岡さんはカラオケをテーマにし、カラオケで得られることを紹介。

質疑応答も含めた20分のロングスピーチ。メンバーの十八番はそれぞれ違い、メンバーそれぞれの個性を感じられる時間でした。

H田さんは4分間スピーチ。ご自身が再発見した、トーストマスターズクラブの価値を紹介してくださいました。NPOの可能性を感じられるスピーチ。

日本語のテーブルトピックマスターはK賀さん。スーパームーン(時事ネタ)をヒントにした質問や、本日のスピーチテーマからの質問でした。

英語の部のスピーチはSさん。テーマは”リーダーシップ”、鷲の生態とリーダーシップを紐づけたスピーチ。Let go of your past は私の心に響きました。

テーブルトピックマスターはK戸さん、梅雨入りをヒントにした質問。ゲストにも質問を投げかけ、サイレントスピーカーゼロでした!

本日の受賞は

ベスト日本語TT: W辺さん、ベスト英語TT:Pさん、ベスト論評者:H田さん、ベストスピーカー:I岡さんでした。次回もお楽しみに!

第249回通常例会(Zoom)(2021年5月9日)

2021/05/24 7:26 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿

第248回通常例会(ZOOM)2021年5月9日


本日の例会は、前半に来期役員選挙、後半に英語・日本語ミックスの教育セッションを行うスタイルとなりました。会長S木さんによるオープニングで直近のイベント等に関するアナウンスに引き続き、前会長K寺さんによる進行にて、来期役員選挙が厳かな雰囲気の中行われました。

各候補者の熱い想いが感じられるスピーチ、その候補者を応援する即興のスピーチはいずれも素晴らしく、これからのオーシャンの明るい未来を感じさせるものでした。来期役員に選出された皆さん、おめでとうございます!


後半は、役員選挙の進行を務めたK寺さんがそのまま「今朝のトーストマスター」となり、英語と日本語ミックスの教育セッションがスタートしました。『Word of the morning』は『Significant』、『今朝の言葉』は『魅力的』という素敵な言葉がムンバイ在住のGさんより紹介されました。

英語の『Prepared Speech』はK賀さんより、タイトルは『Release Treated Water』です。福島第一原発事故の汚染水対策となるALPS(アルプス)処理水についてとてもわかりやすく紹介、解説して頂きました。スピーチのプロジェクト「知識を増やす」に相応しく、聞き手の社会的見聞を広げてくれるスピーチでした。

日本語の『準備スピーチ』はシカゴ在住のW松さんです。「崖っぷち、だ~い好き!って言われても」というタイトルで、スピーチの前からワクワク感満載でした。実は遺伝学的に、日本人は欧米人よりも不安体質の人が多く、世界一のビビリ民族だという論文があるそうで、インターナショナルな職場環境に身を置いているWさんは日々実感されているとの事。松〇修造さんの「崖っぷち、だ~い好き!」の広告や論文のデータを非常に効果的に活用されていました。

『テーブルトピックス』ではW辺さんより、準備スピーチに関連した内容として、

「あなたが不安になった時、どうするか?」「Please share your significant experience.」

というキャッチーなお題が出されました。

『論評の部』では、K賀さんに対してI岡さんが、W松さんに対してK戸さんが論評を行いました。流石ベテランのお二人、スピーカーの良かった所と改善点を具体的にフィードバックし、とても効果的な論評でした。

『総合論評』では、Tさんから全体を通してのバランスよい的を得た評価、文法係・えーとカウンターのSさんからは言葉遣いや淀みに関するチェックがフィードバックされました。

そして最後に受賞者の発表です。本日のベスト賞は、テーブルトピックスはTさん、論評はK戸さん、ベスト準備スピーカーはK賀さんでした。

皆さん、おめでとうございます!



第248回通常例会(Zoom)(2021年4月25日)

2021/05/01 19:00 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿   [ 2021/05/01 20:05 に更新しました ]

本日もグローバルな例会でした。横浜、新潟、シカゴ、ムンバイ、スリランカからのメンバーが参加。グローバルメンバーが横浜オーシャンの売りです!

 

本日の日本語の部はスピーカーが2名。

1番目、K戸さん。テーマは「幸福度ランキング56位おめでとう」です。人口が減る日本ではOne Team精神で!まずはオーシャンのメンバーが幸せになることが変化の第一歩。

2番目のスピーカーはGさん。テーマは「ムンバイの生命線」日本とは違う電車内の人間模様に触れて、日本人メンバーはみな驚いていました。

 

テーブルトピックスでは、スピーチテーマに合わせた質問で、幸福度を図る指標から質問が出ました。

 

英語の部では1名のスピーカー。トーストマスターズクラブでのコンテスト運営経験を共有してくれました。”Breakthrough the limits”忘れがちですが、自信を成長させるには大切ですよね。

 

テーブルトピックスでは、素敵な言葉が目白押し。International communicator、if you haven’t challenge, it means there is room to improve your self.

 

結果はベストスピーカーはGさん、ベスト論評Kさん、ベストスピーカー、Tさん

本日の写真は皆さんの”Breakthrough your limits”を表現しました。

 

Today’s meeting was quite globalized, with members from Yokohama, Niigata, Chicago, Mumbai, Sri Lanka.

 

We had 2 Japanese speeches and 1 English speech. Themes are ”Congratulations on Happiness ranking on 56th ” ”Lifeline in Mumbai” ”Being contest chair”. All speeches are quite unique and educational.

 

Today’s awards: Best speaker TM G, Best evaluator TM K, Best Table topic master TM T.

Looking forward to having the next meeting on May 9th


第247回通常例会(Zoom)(2021年4月11日)

2021/04/12 7:35 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿   [ 2021/04/12 7:38 に更新しました ]

本日の例会は、参加者が9名と通常より少ない人数でしたが、その分話をする機会が増えるというメリットもありました。例会前のちょっとした会話も人数が少ないことで話題に入りやすくなっていたのか、例会前から横浜オーシャンTMCらしい暖かい雰囲気が感じられました。

いつものように会長S木さんのオープニングでスタート!いつもオープニングの事前準備を念入りにされ、スライドもきちんと用意される会長S木さん。今期スローガン「Keep Learning Beyond the Border」も毎回繰り返してくださることで、メンバーの中ではすっかり定着したのではないでしょうか。

 

さて、今日のTMOMは我がクラブのさわやか&インテリ代表のK戸さん。例会参加者の変動にも軽やかに対応され、自らもマルチロールをこなしながら、例会をスムーズに進めてくれました。タイムマネジメントも完璧です。

 

The 1st half of business session was in English. Today’s Word of the morning was shared by TM HK, which was “evanescent”. It is a beautiful adjective to express Cherry blossom falling from the tress. He added synonyms and antonyms of “evanescent”, which was a great technique so that we improve our vocabulary.

The English prepared speaker is TM GR with the tile “The Phoenix”. Her speech was well prepared having a well-organized structure and attractive her personal stories despite her 1st ice breaker speech. These points were appropriately evaluated by TM KS.

English table topics was led by TM SA. He added an explanation on what TT is meant to us before providing questions, it reminded us of the important thing about TT again. His questions were something simple however difficult to answer, about value of money, what is leadership, and responsibility of Japan’s healthcare system. They were a valuable training of spontaneous speech J

 

後半は日本語セッション。S木さんから今日の言葉「さわやかな」が提示され、今の季節に合った使いやすい用語で多くの方が使われていました。

準備スピーチはK賀による「私のリーダーシップについて」。コンテストに積極的に参加され、スピーチ力を着々と磨いているK賀さん。大学時代、ゲーム作成クラブ、Youtube動画に関するエピソードをリーダーシップに絡ませながらテンポよく進め、最後は次期Area directorに挑戦することを宣誓してメンバーを鼓舞するという素晴らしい構成のスピーチでした。私は改善点が出てこなかったのですが、そこはVPEW辺さんが論評者。良かった点に触れながらも、スピーチ目的という観点から改善できる部分を適格に指摘されていて、さすが!

テーブルトピックスマスターはE藤さん。今日の言葉、各スピーチから作成されるお題にされていて、そうすることで今日の言葉やスピーチを振り返ることが出来るのでぜひ真似したい技術ですね。

 

そして今日の受賞者は、English Table TopicsTM RG、日本語テーブルトピックスがH田さん。ベスト論評者がS木さんとW辺さんの両名。そしてベストスピーカーはIce BreakerをしたTM RGさんでした。おめでとうございます!

 

 

第246回通常例会(Zoom)(2021年3月28日)

2021/04/04 6:48 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿   [ 2021/04/04 6:52 に更新しました ]

246回通常例会(2021 28 日)記録246回通常例会、いつもの通り会長S木さんのOpeningからスタート☆ 昨日見に行かれたというラグビー試合の写真を盛り込んだビジュアルエイドを上手に使って例会の雰囲気を盛り上げていきます。そして今日は、新メンバーGさんの入会式!イングリッシュスピーカーであるGさんの入会で、ますます横浜オーシャンTMCの英語セッションが充実してくるはず。とても楽しみですね!

入会式の後は、ビジネスセッション。今日の例会を仕切るTMOMK賀さん。TMC経験豊富なK賀さん、慣れた様子でサクサク例会を進めていきます。

前半は日本語セッション。今日の言葉はK寺さんからの「桜梅桃李(おうばいとうり)」。桜梅桃李とは、桜、梅、桃、李(すもも)のこと。 転じて、それぞれが独自の花を咲かせること。春らしい素敵な言葉ですね。準備スピーチは我らが師匠Hさん。タイトル「トントン、トントン」。内容も構成も素晴らしく、さらにボーカルバラエティやジェスチャーもオンラインならではの技を豊富に使い、「もらったきっかけをどう活かすかはあなた次第。大事にしよう」とうメッセージ性の高い心にグッとくるスピーチで、さすがの一言!!その論評をするのはI岡さん。高レベルのスピーチの論評は改善点を探すのが難しいのですが、スピーチ内容、擬音語、構成の良い点を述べた後で、感情表現をオーバーリアクションのほうが特にオンラインでは聴衆の心に残りやすいかもしれないというコメントをされていました。

日本語のテーブルトピックス。テーブルトピックスマスターはK戸さん。時間の関係で2問のお題が出されました。

1.       一番のお花見の思い出は?W松が、US出向における花見の思い出をスピーチ。

2.       新年の目標の達成状況は?Pさんが、今年の目標「日本語上達」の進捗をスピーチ。


After a short break, the second half of the meeting proceeds in English. Word of the morning is “Cherry” introduced by TM YK. It is a good choice in this season as the pink carpet of cherry blossom has been rolled out up to Yokohama area.

The 1st prepared speaker is TM MT. Her speech title is “let’s see your future together” per Pathways of Presentation Mastery. Her English is easy to follow and understand. Her speech itself included her personal experience from the office, which made us touched as well as motivated to think how we could positively change ourselves and influence others. The wording “See his future together” she used in her speech was very memorable and emotional. The evaluator for the TM MT’s speech is TM P. This is his first time to take an evaluation role in TMC, but he clearly pointed out several practical good points while managing his nervousness.

Table Topics in English was led by TM KI. The table topics are not easy but should be a good exercise of our right brain as he said.

1.Please share your experience where the 1st impression was bad but it became good later. TM S shared his experience from the office in details. Yes, the more you get to know, the more you like the person, and your mind and attitude can be influenced and changed in a positive way.

2.Do you recently graduate from something? It went to TM MT, and she spontaneously made a nice speech. I like her idea that the concept of graduation is the start to another stage.

3.Do you have any recommendation place for Cherry blossom viewing? TM YK share his favorite spot, Arakurayama Sengen Park in Kawaguchi-ko area.

4.Do you have any coming-back story? It went to VP TM KS. Although it was a challenging question, he made a good speech from a TV drama he and his wife were watching.

5.Are you interested in electric vehicle (EV)? TM SW made a wonderful educational speech. It figured. She works in car industry J we learned how much EV is beneficial such as environment friendly, acceleration, driving feel etc.


総合論評はVPEWさん。いつものことながらロジカルな構成で、「今日例会はBeing flexibleが突出していた」とflexible沿った総合論評をされました。

そして受賞者の発表です♪ Best English TTSさん、ベスト論評者はI岡さん。そしてベストスピーカーはH田さんが選ばれました!おめでとうございます♪♪

新メンバー入会でますます盛り上がる横浜オーシャンTMC2週間後の例会もまた楽しみです。

 

 

第245回通常例会(Zoom)(2021年3月14日)

2021/04/04 6:47 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿


第244回通常例会(Zoom)(2021年2月28日)

2021/04/04 6:46 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿


第243回通常例会(Zoom)(2021年2月14日)

2021/02/14 5:54 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿

本日の例会は、エリアコンテスト出場者による準備スピーチと、論評・応援に重点が置かれたプログラムでした。コンテスト出場者、論評者ともにいつも以上に真剣なやりとりが行われました。また、オンラインでのミーティングということで、海外からのゲストも加わり、賑やかな例会となりました。

 英語の部は、Kさんの準備スピーチから始まりました。

Kさんのスピーチは、過去に行ったスピーチをブラッシュアップした内容でした。同じ内容のスピーチでも、構成や時間配分の工夫でより印象的になるということがよくわかりました。

Tさんのスピーチは、わかりやすい話の構成と効果的なジェスチャーで、Tさんの人柄がよく伝わる内容でした。意外な優先順位に驚かされるスピーチでした。

Sさんによるテーブルトピックは、昨日の地震、バレンタインデー、Tさんのスピーチに関するタイムリーな質問でした。回答者のSさん、ゲストで参加してくださったGさんは、日本の習慣とご自身の出身国との違いを比べながら回答をしていただきました。Tさんのスピーチからの質問に対するWさんの回答もグローバルな内容でした。横浜オーシャントーストマスターズクラブ参加者の多様性を感じさせるとてもよいテーブルトピックスでした。

続いて論評の部では、Kさんのスピーチに対してWさん、Tさんのスピーチに対してWさんがそれぞれコンテストスピーチに向けたより実践的で詳細なアドバイスをしてくださいました。お二人とも、ご自身のスピーチの経験から気づいたことやノウハウを惜しみなく論評に反映させていただけたと感じました。


日本語の部のKさんの準備スピーチは、何気ない日常の描写から始まり、ご自身の過去の経験からの気づきとその後の行動の変化について、物語のように話していただきました。淡々と進む話の中で、タイトルに繋がるふとした気づきが提示される穏やかなスピーチでした。

続いてEさんの準備スピーチです。Eさんのスピーチは、ご自身の経験を元にしたお話でした。Kさんのお話同様、ふとしたきっかけが自分の考えや気持ちを大きく変化させた、という経験についてお話しいただきました。

英語の部同様、日本語の部の論評についても、Sさん、Iさんからエリアコンテストに向けての具体的なアドバイスをいただきました。本日のTMOMをされているKさんが一昨年主催したストーリーテリングのワークショップで学んだことを元に、もう一度ブラッシュアップしたほうがよい、話の時間配分のバランスを考えた方が良い、といったやや厳しくも、エリアコンテストに向けてより一層のブラッシュアップを期待する強い応援のメッセージが込められた論評でした。

今日の例会は、前半やや遅れ気味でしたが、TMOM Kさんのその場に応じたファシリテーションにより、時間通りに終了することができました。

次回の例会でも、引き続きエリアコンテスト出場者のスピーチブラッシュアップを行う予定です。横浜オーシャントーストマスターズクラブからの出場者のスピーチ内容を知りたい、聞きたい方は、3月7日のエリアコンテストにぜひ参加いただけたらと思います。


<当日の写真はこちら>

https://www.facebook.com/groups/492874187969275/permalink/812041002719257/

1-10 of 240