例会記録‎ > ‎

10月23日 横浜オーシャントーストマスターズクラブ例会報告

2011/11/23 4:56 に Yokohama Ocean TMC が投稿   [ 2011/11/23 4:56 に更新しました ]
10月23日(日)、横浜オーシャントーストマスターズクラブ 第22回例会が開催されました。
この日は3人の他クラブに所属していないゲストをお迎えしたほか、複数の他クラブゲスト(サポーター)に来ていただきました。

当日の例会は、新会員のS木さんの入会式でスタートしました。新会員はどのクラブでも嬉しいものですが、特に新しいクラブでの新会員は、人数の多いクラブ以上に歓迎ムードがあります。新クラブは全てのメンバーが「one of them」ではなく「the one」になれる場所、これからどのようなクラブの色になるかを決めるのは初期メンバーです!

この日は2本のスピーチがありました。1人目のスピーカーはF山。「夏の実験結果報告」というタイトルでスピーチを行いました。「人から言われて渋々取り組む節電要請は嫌、でもエコな取り組みは大好き」なF山は、15%節電なんて何のその、今年の夏を一切エアコンなしで過ごし、家の中だけではなく街や会社でも極力電気も他のエネルギーも使わない生活を心がける究極の「ノーインパクトライフ」を実践。電気の使用量を家庭だけで35%削減することができたほか、健康面や価値観でのプラスの変化について報告しました。

2人目のスピーカーはO江さん。「公式」という題で、「トーストマスターズクラブが日本にもっと普及するための公式」として、「スターバックスの出店戦略」を例に挙げて話されました。驚きだったのは、トーストマスターズクラブが多くある市町村にはスターバックスも多く存在し、その逆も然りということ。偶然なのか、それともトーストマスターズとスターバックス、好きな人の層が似ているのか気になるところです。なお、「朝早くからやっている」というのは横浜オーシャントーストマスターズクラブとスターバックスの最大の共通項かもしれません。朝早く起きて日曜日にコーヒーを片手に、当クラブに一度見学に来てみませんか?

テーブルトピックス(即興スピーチ)はH田さんが英語にて行い、1杯のビールを飲む時の感動について圧巻の即興スピーチをされたI垣さんが、見事ベスト賞を取られました。

この日のゲストからは再訪の意思を含め、好意的なコメントを頂きました。ランチはファミリーレストランで開催。ほぼ全員が参加し、例会後もトーストマスターズクラブの仕組みの説明をはじめ、多くの話題で盛り上がりました。