例会記録‎ > ‎

114回通常例会レポート(2015-09-13)

2015/09/16 20:05 に Yokohama Ocean TMC が投稿   [ 2015/10/10 2:36 に更新しました ]

2015年9月13日(日)第114回例会が開催されました。

 

今回は、4年に1度の論評コンテスト例会が開催されました。 




まず、会長から「オリンピックと同じく4年に1度。参加する事に意義があるので、緊張するかもしれませんが、この場を楽しみましょう」と挨拶の後、コンテスト委員長のI岡さんから論評コンテスト開会が宣言されました。





日本語テストスピーカーは神奈川TMCからゲストで来られたH坂さん。「時には各駅停車の旅」というスピーチで、ご自身の帰省時のエピソードとこれからの人生の考え方について触れる内容でスピーチ方法も素晴らしい内容でした。

 このスピーチに対する論評として1番目の論評者のFさんはアイコンタクトとストーリーそのものに対して触れられました。2番目の論評者のW松さんはTV番組の「ちい散歩」を例に挙げテストスピーチの素晴らしさを伝えておられました。3番目のW辺さんはスピーチ中の抑揚・ポーズの取り方・ユーモアなど、スピーチデリバリーについて触れておられました。4番目のW辺さんは誰もが理解できる電車を題材にされたことの構成について触れておられました。5番目のK島さんはビジュアルエイドを用いた導入部の分かりやすさ、方言を交えた表現力、テーマが人生、と内容と構成両方に触れる内容でした。6番目のS本さんはタイトルそのものを称賛される内容でした。






しばしの休憩を置いたのちは英語コンテストの開会が宣言されました。

英語スピーカーは横浜TMCのT富さん。「The Essence within You」というスピーチで、ご自身のキャリアとTMCとの出会いについて触れられる内容で、具体的なご自身の体験談を交えたスピーチで理解しやすい内容でした。

 このスピーチに対する論評として1番目の英語論評者のS木さんは、有名な引用を用いた点と実体験に基づいていて説得力がある点に触れられていました。2番目の論評者のS本さんはスピーチ内容の素晴らしさに触れられました。3番目のS藤さんはスピーチスタイルや構成について触れた論評をされました。4番目のA元さんはメッセージの力強さ、エピソードの使い方の上手さ、構成について触れられておりました。


その後、H田さんによるインタビューセッションが行われた後、結果が発表されました。

 

 時間オーバーの失格者が複数名出てしまう波乱の中、

日本語部門 では1位のW松さんと2位のFさんが、

英語部門 では1位のS藤さんと2位のS木さんが、

それぞれクラブの代表に選出され、10月4日に開催されるエリアコンテストに進まれることになりました。



おめでとうございました!!

 




また、例会の後近くの居酒屋ランチにてコンテストを振り返りながら楽しいひと時を過ごしましたこと、申し添えます。


Comments