例会記録‎ > ‎

9月25日 例会報告

2011/10/29 21:35 に Yokohama Ocean TMC が投稿   [ 2011/10/29 21:35 に更新しました ]
9月25日(日)、横浜市技能文化会館にて第21回横浜オーシャントーストマスターズクラブの例会が行われました。
この日も初参加ゲストを含め、多くのゲストをお迎えしました。

最初のスピーカーはI垣さん。「ガネーシャ」という題で、インドの商業の神・学問の神であるガネーシャのお話を語るという内容でした。「戯曲を朗読する」という難しいテーマでしたが、見事にこなされ、日本語で分かりやすく、一部の登場人物については関西弁で演じるなどの工夫を凝らされており、また結末は今回の例会に参加した人すべてへのメッセージになっているなど、I垣さんのオリジナリティ溢れる内容で見事ベストスピーチ賞となりました。

2番目のスピーカーはO津さん。「I am happy」というテーマで、定年を迎えられた後で車に乗るのをやめたこととその効用について話されました。節電をきっかけにエコについて改めて考えるようになった方も多いかと思いますが、CO2削減だけではない多くの効用について語られました。 3番目のスピーカーはO江さん。「46 years」という題で、O江さんが8月にトーストマスターズの世界大会に参加された際に出会った、46年間トーストマスターズクラブを続けられている方のお話でした。

論評は、K井さん、Y先さん、H田さんと、いずれも論評コンテストの候補者がレベルの高い論評をされました。中でもベスト賞は、O津さんのスピーチについて、一語一句、細かい詳細にいたるまでとても丁寧かつ的を突いた論評をされたH田さんが獲得されました。テーブルトピックスはI垣さんの司会で行い、「春分の日・秋分の日にご先祖様に手を合わせる習慣は、良い習慣か、それとも単なる迷信か」という題で答えたF山がベスト賞となりました。

今回も例会終了後は近くのインド料理店でランチを行い、「ガネーシャ」その他スピーチに関する多くの話題で盛り上がりました。