例会記録‎ > ‎

第137回納涼例会 レポート(2016-8-28)

2016/09/02 16:01 に Yokohama Ocean TMC が投稿   [ 2016/09/03 21:48 に更新しました ]
2016年8月28日、横浜オーシャンTMCの第137回例会が開催されました。
この日は納涼例会ということで、例会の後にはビアパーティが行われました。

会長のA元さんから開会宣言を行い、ゲストの紹介が行われました。
本日のTMOM(Toastmaster of the morning)は、T橋さんです。T橋さんの司会のもと、計時係・集計係・文法係/えーとカウンター・記録係の核ヘルパーが紹介されました。

うれしいことに横浜オーシャンは新しいメンバーが続々と加わってくれています!
今日はそうした新入会メンバーの方へ向けて、研修が行われました。

会長のA元さんからは、トーストマスターズクラブの歴史や組織、Webサイトについての紹介がありました。
コミュニケーション能力を高め、リーダーとしての自信を養うためのメソッド、練習を積むことができる場所として1924年にアメリカで誕生し、現在は世界142カ国、15,900クラブ、345,000人のメンバーが学ぶ、非常に大きな活動へと発展しています。
こうした背景について知っていただく非常にいい機会になりました。



続いてI岡さんからはトーストマスターズクラブの教育プログラムの紹介がありました。
トーストマスターズクラブには“先生”はいませんが、各カリキュラムには確立されたメソッドとマニュアルがあり、それに基づいて各自が体系的に進めていけるカリキュラムになっています。





続いてW辺さんから、トーストマスターズクラブのコンテストについて紹介がありました。
ちょうど現在秋季コンテストが進んでいます。
今回はテーブルトピックスコンテストとなっていて、各メンバーもクラブ内コンテストの準備を進めています。
コンテストの出場資格や準備について、どのようなところが審査でチェックされるのかなど、コンテストを勝ち抜いていくためのヒントも交えた内容豊富なレクチャーになりました。

Prepared Speech 1:CC#7 Research Your Topic「ENKU」I田さん
英語のタイトルもおや?と思わせるものですが、江戸時代の仏師・円空の仏像や生涯についてのスピーチでした。
千光寺の両面宿儺像(りょうめんすくなぞう)に表現されるように、人間の善・悪の両面性に引きつけられた経験や、北海道で円空仏を観てまわったエピソードを写真を交えて紹介されていました。円空の生涯について大変思いのこもったスピーチでした。


準備スピーチ2:CC#3 ポイントを押さえる「"He For She", "She For He"」I山さん
2014年にエマ・ワトソンが国連本部で行ったHe For Sheに関連したスピーチです。
日本は2015年の世界男女平等度ランキングで101位となっていて、女性の社会進出などが遅れている状況で、働きたいという女性が活躍できるように、その取り組みがようやく始まったところ。
日本は世界でも一番の長時間労働となっていて、そこで求められているのは働き方改革。男性の協力も必要不可欠です。
仕事もプライベートも充実させることで、生き生きと働くことが求められている。身近な女性のために早く帰り、休暇を取る、ということも重要、という提案をされていました。

I田さんの論評はHさんが行いました。
円空についての情報が豊富に盛り込まれていて、非常に良いスピーチだった点を高く評価。
Iさんにとっては最初の英語スピーチだったので、次回はメモを見る回数を減らすことで、よりよいスピーチになるとの改善点の指摘がありました。





I山さんの論評はK戸さんが行いました。
男女平等、特に男性の行動を変えていこう、というポイントが伝わるスピーチだったこと。
構成もそれに沿ったぴったりとしたものだった点。
メモを使わないでのスピーチなど、非常に良かった点を指摘していました。






後半は、インハウスコンテストに向けたテーブルトピックス特訓プログラムが行われました。
テーブルトピックスとは、その場で出されたお題に、指名されたスピーカーが即興で答える、という、トーストマスターズクラブでも人気のあるメニューです。
秋のコンテストではこのテーブルトピックスがテーマとなるため、審査のポイントや、黄金則、上級スピーカーからのアドバイスについて、W松さんからレクチャーがありました。


即興とはいえ、
・聴衆が理解しやすい展開であるか、序論本論結論などが自然な流れになっているか。
・論理的になっているか、熱意が込められているかなどがみられている。
・話し方やボディーランゲージなどを上手くできているか、文法が正しいか
などのポイントが重要、といった説明がありました。

その後はいよいよ実践です!

英語テーブルトピックス
英語のテーブルトピックマスターはH田さん!
過去実際にコンテストで出された問題も交えた出題でした!

・What is the best thing to make someone happier?
⇒S木さんからは、笑顔を振りまくことが大切!という答えが!

・Tell us about your favorite works of art.
⇒A元さんから、音楽もアートに含まれるが、中でもショパンのピアノが好き。
ピアノをやっていたが、非常に難しい!とのお話がありました。

・If you could travel through time, where would you go?
⇒K寺さんからは、未来の世界に行きたい。成功する確率が高まる。
株式相場の今後も分かるかもしれない。となかなか面白い視点の回答がありました。

・If you go back to the time you are teenager, what advice do you give to yourself?
⇒E藤さんからは、10代に戻ってアドバイスするとしたら、ピアノを続けなさい、とアドバイスしたい。
中学生くらいまでは1日に3時間ピアノの練習をしていたが、高校生でやめてしまったので。とのスピーチが。

・24時間で朝、昼、夕、夜とあるが、どれが好き?
⇒朝は多くのことをする時間がある。朝ジョギングすることもあるが、非常にリフレッシュになる。
エネルギーをもらえる。朝起きるのは大変ではあるが、多くのことができる非常にいい時間!との回答がありました。

・150名の大きなプロジェクトのリーダーになりました。みなあなたのメッセージを心待ちにしています。
あなたのプランを紹介してください。
⇒W松さんからは、承認を得るには非常に難しいものだが、患者にとっては非常に重要なもの。
私たちの新薬を患者は心待ちにしており、私たちの新薬は彼らを治癒するものだ。
私たちのためだけでなく、患者さんのために、頑張ろう!
という力強いスピーチがありました。

日本語テーブルトピックス

日本語テーブルトピックスマスターはE藤さん!
オリンピックにちなんだお題が出されました!

・オリンピックの素晴らしいところは?
⇒S川さんは、選手が国を代表して戦って、国民がそれを応援する素晴らしさを紹介されました。

・次は東京オリンピック。日本が注目される。日本はどんな国なんですか?と言われたら、どう答える?
⇒Wさんからは、
日本は礼儀正しくて気配りができる人のいる国。人との交流や物についても気配りの塊だと思います。
電車の中で大声を出さない、面白いデザインの製品をたくさん売っていることなど、面白い視点からの指摘がありました。

・東京オリンピックへ向けて、東京(首都圏)はどういう風に変わっていくと思いますか?
⇒K賀さんからは
オリンピックのボランティアになるには英語が重要で、あと4年ではあるものの、英語がより浸透していくのでは?
というスピーチがありました。

この日のベストスピーカーはI山さん!
ベスト論評はK戸さん!
ベストテーブルトピックス賞はW松さん、K賀さんでした!
おめでとうございました!







例会の後は、お店に移動してビアパーティーでした!
ゲストの方も交えて和気あいあいと食事とビールを楽しみました!

また、ほろ酔い気分の中でもテーブルトピックスを実施!
「初恋の人はどんな人?」「今まで行った中で一番素敵な場所はどこ?」
など、リラックスした中でユーモアあふれるテーブルトピックスが展開されました!


横浜オーシャントーストマスターズクラブでは楽しいイベントも定期的に行っています!
次は10月にハロウィン例会を予定!
いつもとは違った楽しみ方ができるイベントです!ご見学・参加をお待ちしています!
Comments