例会記録‎ > ‎

第150回 記念例会(2017-3-12)

2017/03/14 4:51 に Yokohama Ocean TMC が投稿
今回は150回記念すべき例会です。
そして、例会後はポトラックパーティ。
例会後のパーティのため、会場は料理研修室で行われました。
ホワイトボードは150回を掲げた飾りつけ。会場係のS木さんの計らいです。

英語の部からのスタートです。
今日の言葉はK部さんから、"momorable"。150回例会にふさわしい言葉です。

準備スピーチ

1番目の準備スピーチはW松さん、
"Your Happiness"。ベテランの落ち着きで、町のネズミと田舎のネズミを語ります。

2番目の準備スピーチはK賀さん、
"Using Plymer for Battery"。ご自分の専門分野をプロジェクターを使い効果的に説明されていました。


テーブルトピックス
今日のテーブルトピックマスターはA山さん。ご自分のストーリーにちなんだ出題で、良く通る声で明るく進行されました。
1問は3月について。スピーカーは横浜オーシャンOBのS藤さん。
2問は他県に行った場合に良い歯医者の見つけ方。スピーカーはW辺(早)さん。
3問は心配事を解消するための方法。スピーカーはJさん。
4問はなんと、今回のテーブルトピックスについてどう思うか。スピーカーはH田さん。

引き続き論評の部。
1番目の論評はS木さん。相変わらず行き届いた論評です。
2番目の論評のK田さん。良い点も改善点も、適確な論評でした。


次は日本語の部。
今日の言葉は、I岡さんで「同じ釜の飯」。同じ時同じクラブで苦楽を共にした仲間を意識した言葉です。

準備スピーチ

3番目はK寺さん。
タイトルは「何時やるか」。
山中遭難しかけたご自身の体験をリアルに語られ、準備することの大切さを語られました。

4番目はA元さんで「決断のとき」。
学生の部活動でセーリングをやっていたときのこと、日没直前に凪で動けなくなった下級生をどう助けるか、ベストではないかもしれない決断をしなければならなかったドラマチックな経験をスピーチされました。

テーブルトピックス
日本語の部テーブルトピックマスターはI山さん。
スイーツの日にちなみ、テーブルトピックススピーカーにお題の書かれたスイーツを手渡す、という形で出題されました。新しい出題方法ですね。

1問はあなたの一番良いポイントは?H田さんがスピーカー。
2問はバレンタインでもらったプレゼントで最も印象的なものは?S田さんがスピーカー。
3問はあなたの4月からの新たな挑戦はどんなこと?A山さんがスピーカー。
4問はもしあなたが総理大臣になったらどんな問題に取り組む?S村さんがスピーカー。

論評の部
1番目がK島さん。スピーチへ詳細な分析をされていました。
2番目はK部さん。良い点、悪い点、適切な指摘をされていました。
文法係はH田さん。英語も日本語もスピーチが堪能な方だけに、指摘の一つ一つが勉強になりました。
ベスト日本語テーブルトピックス賞はS村さん、ベスト英語テーブルトピック賞はJさん、ベスト論評者賞はS木さん、ベストスピーカー賞は、K寺さんでした。

引き続き、12時からポトラックパーティ。
会場は料理研修室ですので、道具がすべて揃っています。
その上、会場係のS木さんが台ふきやお皿などなど、至れり尽くせりの準備をしてくださいました。
おかげで、A元さんのラザニアをはじめ、W松さんのたこ焼等、皆さんが持ち寄ってくださった数々のお料理や日本酒の名酒等おいしくいただくことができました。
途中、余興としてI岡さん出題でそれぞれ料理についての1分間きっかりスピーチ。酔いも回り時間感覚も鈍る中、1分間ぴったりの方が優勝という条件でしたが、優勝者はさすが、H田さんでしたよ。
そしてJさんのギターと歌。「名札をつけよう」は他のクラブの皆さんも是非聞いていただきたい!つづいてK田さんもギターを披露。
お腹も一杯になった後、S木さんの適確な采配の元、手際よく片付けて記念パーティはお開きとなったのでした

Comments