例会記録‎ > ‎

第163回通常例会(2017-09-24)

2018/03/25 4:50 に Yokohama Ocean TMC が投稿   [ 2018/04/08 5:15 に更新しました ]

2017924日(日)、92回目の第163回横浜オーシャントーストマスターズクラブ例会が開催されました。

 

今日のTMOMK島さん。開始後に判明した日本語テーブルトピックスマスターの欠席を自分で引き受け、当初担当を予定していた総合論評を久々参加ながら安心して任せられるW邉(S)さんに対応いただく調整をするなどで突発事象を機敏な対応で上手く切り抜け、滞りなく例会を進めてくれました。

 

≪今朝の言葉≫はS川さんからの「趣がある」です。ご自身の愛媛旅行での体験を踏まえて、また、使い方次第でややネガティブな意味になりうるというユーモア変化形の紹介もありました。

 

【日本語の部】からスタート

≪準備スピーチ≫1本目はK寺さんCC#7“トラブルは起こるが、”、何と前回例会の2日後に突然の病気を発症され、5日間の入院をしたという体験をスピーチネタにして、発症した珍しい病気の詳細と健康うんちく、さらにはそんなピンチの状況から得たモノなどを紹介して聴衆を楽しませてくれました。≪準備スピーチ≫2本目はK賀さんAC#1“骨との付き合い方”、プロジェクト目標は「情報を伝えるスピーチ」です。ご自身の体験を交えながら健康うんちく満載の誰にもためになる情報を、美しい仕上がりのスライドを用いてわかりやすく簡潔に情報を伝えてくれました。

 

≪テーブルトピックス≫司会は、K島さん。2本の日本語スピーチともに健康ネタだったことを活かしてそのまま健康トピックのお題を提示し、H田さん、S井さん、A元さんそれぞれのスピーチの後には必ずスピーカーの話した内容を拾って気の利いた一言を付け加える丁寧な進行で、しっかりと場を盛り上げてくださいました。

 

≪論評の部≫K寺さんスピーチへの論評はW邉(M)さん、良かった点と今後に向けた的確なアドバイスを端的にまとめた安定の論評でした。K賀さんスピーチへの論評はM上さん、相変わらず落ち着いた話し方で説得力ある論理的な論評を展開し、基本のポジ・ネガサンドイッチでしっかりと締め、論評の見本を見せてくださりました。

 

休憩を挟み、後半の【英語の部】がスタート

 

H田さんによる≪Word of the morning≫は、“interesting”。日本語の今朝の言葉”趣がある”を活かしたmeaningfulな紹介をしてくれました。

 

≪準備ピーチ≫の1本目、S井さんによるCC#2English changed my life”。カナダでの衝撃?体験からのオープニングと所々で会場全体を笑いに包むユーモアあふれたスピーチを披露してくれました。≪準備スピーチ≫2本目は、W松さん。AC#4panic buyer”、プロジェクト目標は”touching story”。いつもの楽しませてくれるスピーチとは打って変わって、プロジェクト目標に沿って、ご自身の親戚に聞いた実話を基にした感動ストーリーを展開してくれました。予想だにしない驚きのクライマックスで、間違いなく聴衆の感動を呼び起こしたスピーチでした。

 

≪テーブルトピックス≫司会は、H田さん。読書の秋ということで、読書にまつわるお題で、W邉(M)さん、K戸さん、M上さん、K島さんから楽しいエピソードなどが披露されました。

 

≪論評の部≫S井さんスピーチへの論評はA元さん、いつもの安定感ある論評でGood PointsImprovement Pointsも的確に説明するなどセオリー通りのきれいな論評でした。W松さんスピーチへの論評はK戸さん、時間オーバーは残念でしたが、W松さんの見事なスピーチで見つけたImprovement Pointを発表してくれました。

 

≪総合論評の部≫3か月間のお休み明けで参加したW邉(S)さんから。急きょ代行したにも関わらず、細部にわたりしっかりとした観察に基づく気付きを紹介し、ブランクを全く感じさせない論評を展開してくれました。

 

≪表彰の部≫本日のベストテーブルトピックススピーカーは、日本語がH田さん、英語がK島さん。そして、ベスト論評者はM上さん、ベストスピーカーはAC#4W松さんでした。みなさん、おめでとうございます!

Comments