例会記録‎ > ‎

第194回通常例会(2019-1-13)

2019/01/26 4:32 に Yokohama Ocean TMC が投稿

新年初めての通常例会が開催されました。当日は2名のゲスト参加があり、
I山がTMOMを務めました。

まず初めに、I岡さんからword of the morningtとしてfabulous”の発表がありました。               使い方について、その場にあるものを利用して分かりやすく説明してくれました。

前半 ~英語の部~

 『Prepared speech』の一人目はW辺さんです。Pathways level 1 “Research presentation”の
プロジェクトで「Magic of Cleaning」というタイトルで、クリーニングコンサルタントとして
世界的に有名な女性が提唱する片づけ方法について、パワーポイントを使って分かりやすく
説明してくれました。

Prepared speech』の二人目はR.S.さんです。Pathways Level 1Motivation Strategies”の
プロジェクトで、「Selfish」というタイトルでした。ご自身のこれまでのお仕事の経験を
通じた考え方の変化についてのスピーチでした。

続いては、English Table Topicsセッションです。TTマスターはE藤さんです。
年始の例会にぴったりのお題でした。

How do you spend your New Year’s holidays?

How do you spend this 1 week after the holidays?

What is your resolution or determination of this year?

でした。年始にはどこかで話題になる内容だと思います。とっさに振られた時の練習になりますね。

続いては、Evaluation Sessionです。

W辺さんのスピーチにはS木さん、R.S.さんのスピーチにはK戸さんが論評されました。
お二人とも的確で素晴らしい論評でした。改善点をポジティブに指摘してもらえることは
素晴らしいことだなと年始の例会で改めて感じました。

後半 ~日本語の部~

 今朝の言葉については、I山が「いきいきと」と発表しました。

『準備スピーチ』の三人目はS藤さんです。CC#2“スピーチの構成”のプロジェクトで、
タイトルは「好意の引き出し」です。転職した時に、どうすれば良い人間関係を築きながら
仕事をすすめていけるか、というスピーチでした。好意を抱くには5つの項目があるそうで、
納得しながら聞くことができるスピーチでした。

『準備スピーチ』の4人目はH田さんです。Interpretive Readingのマニュアルで効果的な
音読のプロジェクトで、「坊ちゃん」というタイトルでした。イントロダクションとして、
なぜこの話を選んだのかという
説明がありました。いきなり読み聞かせに入るよりもスムーズで、
初めて
スピーチを聞く方にも分かりやすいと思いました。

続いては、日本語テーブルトピックスのセッションです。TTマスターはI岡さんです。

「新年の抱負」

「インフルエンザの予防法」

「あなたは官房長官です。新しい年号は“横浜”です。記者会見で年号を発表してください。」

最後の問題は難問でした。I岡さんの今年の例会に対するモチベーションを感じました。
対するE藤さんのスピーチも素晴らしかったです。

続いて論評のセッションです。

H田さんのスピーチにはS村さん、S藤さんのスピーチにはI岡さんが論評されました。
ベテランの二人の安定感ある論評でした。

 最後にK賀さんから総合論評が行われました。各セッション、例会の進行や内容に
ついてコメントがありました。また、文法係&えーとカウンターのK寺さんから、
スピーチ中にあった不要な言葉の使用回数、良かったフレーズについて報告がありました。

ベスト賞は、
・English TTI岡さん
・日本語TTE藤さん
・論評はI岡さん、
・スピーチは復帰されたS藤さん

でした。皆さんおめでとうございます!

 ランチは会場近くのカレー屋さんに行きました。例会の感想や
スピーチの裏話、などなどで会話が弾んでいました。ゲストさんもランチに参加してくれました。

 それでは、次回もお楽しみに!

★★★★★★ 例会の様子を知りたい方へ ★★★★★★★★
今年こそ、人前で堂々としゃべれるようになりたい、という方、
ぜひ横浜オーシャンへ見学にお越しください。
例会ご見学のお申込・お問い合わせは、下記ページまで

http://www.yokohama-ocean.org/inquiries

Comments