例会記録‎ > ‎

第206回通常例会(2019-7-14)

2019/07/20 2:39 に Yokohama Ocean TMC が投稿
梅雨の雨の中本日も横浜オーシャントーストマスターズクラブの例会が開催されました。

本日は午後にクラブ役員の研修会が開催されるため、いつも10時から開催のところ、本日に限り9時半から例会開催となりましたが素晴らしい事に遅刻者ゼロでした。

 

本日から新年度となり、新会長のKさんからの開会宣言で例会が始まりました。本日は第二日曜ですので英語→日本語の順で例会進行です。本日の司会A山さんにより役割紹介の後、SさんからWord of Morningが“Confident”と発表されました。

 

今日は英語準備スピーチから始まります。

一人目のスピーカーは本日が初スピーチのTさん。「My unforgettable travel experience」というタイトルで海外でラフティングに行ったときの船酔いと悪戦苦闘した時の描写を新人とは思えないほど上手に描写されていました。

 

二人目のスピーカーはO石さん。「Re-delivery」というタイトルで、最近社会問題となっている宅配便の再配達の問題を挙げておられ勉強になる話題でした。パワポを用いてデータを示され個人でできる解決案も提案されるなど、とても論理的なスピーチを行われていました。

 

続いて英語テーブルトピックのセッションをH田さんの進行で行いました。

この例会での内容に関する問題を出題するという、例会のスピーチをちゃんと聞いていれば想像しやすい(!?)という出題方法がユニークでした。

Q1 What is the back ground of confidence for you?

Q2 What is your recent unexpected surprise in recent?

Q3 What is your recent issue which made your change mindset better in sudden?という

それぞれの問題に対して、A山さん、K寺さん、ゲストのMが的確な回答をされていました。

 

続いて論評のコーナーです。Tさんのスピーチに対してK寺さんが、O石さんのスピーチに対してK戸さんがそれぞれ良い点を複数あげつつ、改善点をしっかり指摘して今後につなげる、サンドイッチ論評法を用いて上手に論評をされていました。

 

休憩時間を挟んだ後、後半の日本語セッションです。

今日の言葉をK島さんから、英語の部と同じ「自信」と発表されました。

ご自身のエピソードを交えてご丁寧に背景説明を頂きました。

 

本日はの日本語スピーカーは時間の都合で1名で、K渡さんです。

「アートのススメ」というタイトルのEvaluation Feedback2回目スピーチで、パワーポイントを用いてクリムトの絵画展に行かれた際のエピソード等から良い気分転換の方法のご提案を頂きました。このスピーチを聞いて、今度たまには美術館行こうかな、と思ってしまう良い内容でした。

 

続いての日本語テーブルトピックでは、これまたK渡さんから

Q1オフの時間の過ごし方、をE藤さんがホットヨガと掃除と回答され

Q2思いで深いお祝いをした/された出来事、をゲストのWさんが、子供の誕生と回答され

Q3生まれ変わったら何になりたいか、をI岡さんが人間になりたいと、それぞれ的確にお答えになっていました。

 

日本語論評のコーナーでは、K渡さんへのスピーチに対してH田さんが、さらなる成長の為の為の提案を数点ずつ挙げられていました。

総合論評のコーナーはI岡さんが、的確に例会全体についてフィードバックされていました。

 

本日のベスト賞は日本語テーブルトピックがA山さんとMさんが同点優勝、English Table TopicWさん、論評賞はH田さん、準備スピーカー賞はK渡さんでした。おめでとうございました。

例会の最後は前述の役員研修会の為に途中退席したK会長に代わり、教育担当副会長のE藤さんが初の代行としてのクロージングを恙なくこなされていました。



 

次回例会は【7/28(日)10:00~】から横浜技能文化会館で開催します。皆さんお気軽にご参加下さい!Let’s meet at next July 28th (Sun) meeting!

Comments