第256回通常例会

2021/09/05 6:35 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿
2021年8月22日(日)、8月2回目の横浜オーシャントーストマスターズクラブ例会が開催されました。
今回は、納涼例会と言うか、通常例会終了後に納涼懇親会セッションを実施しました。
新型コロナウイルスの蔓延により1年半もの間、オンライン例会が続いており、会員同士のコミュニケーションの機会がほとんど取れない中、Zoomのブレイクアウトルームを活用して、3〜5名程度のグループに分かれて、フリーカンバーセーションつまり雑談セッションをオンライン化以降初の試みで実施しましたが、例会とは異なりリラックスした雰囲気の中、笑いの絶えない貴重な時間となりました、

さて、例会に話を戻して、教育セッションは、日本語セッションからのスタートです。

今日のTMOMは横浜オーシャンTMC輩出の全国区メンバーのI岡さん、日本語スピーチが2本とも時間オーバー、テーブルトピックス も3名とも制限時間をめいいっぱい使い切るスピーチで時間オーバーした状態で進行しましたが、コメントタイム、タイマー報告や投票タイミングなど無駄のないコントロールで、プログラムをきっちりと進めてくれました。

今日の言葉は、W辺さんからオノマトペの「ぐっと」を紹介してくれました。これまでにない今朝の言葉で、会員がうまくスピーチで使ってくれるか心配でしたが、見事、数名の方が、それぞれの文脈に合った使い方を披露してくれました。

準備スピーチは、S木さんとPDさんのお2人。
まず、最初にS木さんからのスピーチ「ツイッター2週間チャレンジ!」。横浜オーシャンTMCをツイッターでプレゼンスを向上させるために実際の取り組んだ内容に関しての報告が中心の内容でした。横浜オーシャンTMCのPR機能としては、WebサイトとFavebookのみでツイッターアカウントを運用しておらず、S木さんの2週間チャレンジは貴重な知見、ノウハウとして、横浜オーシャンTMCの今後のPR戦略の参考にしたい充実した内容でした。

2番目のスピーカーは、インドから参加のPDさんの「1つの肯定的なレポート」。実際にご自身ならびに家族の新型コロナのPCR検査結果を題材としたスピーチを披露してくれました。映画さながらのハラハラドキドキの内容でしたが、この経験を通して実感できた成長実感と言う前向きなファイナルメッセージを共有していただき、終わってみればハッピーエンドの安堵感を覚えました。

続いて日本語テーブルトピックスは、T信さんから、準備スピーチのトピックと絡めたもの、ご自身の仕事場であったエピソードを引き合いにした以下3問が質問されました。
Q1. パンデミック下で、新たに始めたチャレンジは? To GRさん
Q2. あなたのワークライフバランスとは? To I山さん
Q3. もらったプレゼントやギフトにまつわるエピソードは? To K寺さん
いずれの回答者も制限時間をめいいっぱい使ってユーモアと洞察に満ちた回答を発表してくれました。

そして、次は準備スピーチへの論評の部です。
S木さんへの論評:K寺さん
PDさんへの論評:W松さん
やはりお二人ともベテランの安定感で、まず、スピーカーの良かった点を具体性を示して説明し、論評の主目的の一つ、スピーカーへモチベーションを与えると言う点をしっかりと踏まえつつ、スピーカーに寄り添う具体的な改善ポイントを指摘する内容でした。

休憩を挟み、後半は【英語の部】に移ります。

In English session, TM YK introduced the word “eat into” from his own English conversation course.
Example in use the word, Too much time of playing game eats into sleeping hours.

Then, for the prepared speeches, TM KE and TM KI delivered their speeches.
1st speaker, TM EK spoke about her own conflict “Why do you study English?” Every English learner must have been asked in the beginning of English study. So, it was pretty relatable for most Japanese members, and we could enjoy the transition of her mind throughout her speech.
2nd speaker, TM KI shared his own experience regarding “Walk”. He feels lack of exercises as he doesn’t have much opportunities of walking (traveling). Then, he found some of useful apps to motivate you to walk under the pandemic. It was practical story for us to keep fit by continuous walking.

In terms of Table Topics session, TM GR conducted with a proper manner and picked up topics from the prepared speech as well as our lives with COVID-19 as following.
Q1. How important is social media to you? To TM TC
Q2. What is the role of music in your life? To TM MT
Q3. What good habit did you get after COVID-19 pandemic had begun? To TM SW
Unfortunately, 2 of the respondents had overtime, but the questions gave us chances of thinking how to enjoy life with COVID-19.

Next, we had an Evaluation session.
1st evaluation for TM KE was done by TM SA. He picked up many commendable points with reasons properly, then shared some tips to improve. Such well-organized evaluation definitely has proved how effectively he listened to as well as observed the speech.
2nd evaluation for TM KI was taken care of by TM CT. She managed to indicate both commendable points and improvement points from her distinctive point of view including good sense of humor.

At last, the general evaluator TM HK explained the points that we had achieved and need to be considered to improve for both sessions in Japanese and English. While TM KS introduced the number of filler words and impressive words used in speeches today. He monitored the meeting very precisely for reminding us to realize the importance of wording again thankfully.

Finally, the awards winners are introduced as follows.

Best Japanese TT: TM GR
Best English TT: TM MT
Best Evaluator: TM MW
Best Speaker: TM PR

Thank you for reading till the end. Don’t miss the next time!











Comments