第262回通常例会/Regular Meeting No 262

2021/12/17 14:25 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿   [ 2021/12/17 14:37 に更新しました ]
2021年11月28日(日)、11月2回目の横浜オーシャントーストマスターズクラブ例会が開催されました。

冒頭のビジネスセッションで、E会長から昨日開催された神奈川新人戦において各クラブからの代表者10名の中で3位入賞を果たしたシーハンさんについて触れ、参加者全員で栄誉をたたえました。
教育セッションは、日本語セッションからのスタートです。

今日のTMOMは会長のEさん、例会1週間程度前からメンバーへの役割確認などきめ細かなサポートを怠らなかったにも関わらず、例会開始3分前に日本語テーブルトピックスと英語論評を依頼していた会員の急な欠席連絡が入りました。しかしながら冷静に役割の再アサイン調整をこなし、事なきを得ました。例会進行は、VPEからの長めの合同例会説明、準備スピーチと論評での時間オーバーが発生したりと、タイムマネジメント的に非常に難しい進行にも関わらず、無駄のないコントロールで、プログラムをきっちりと進めてくれました。

今日の言葉は、GRさんから「責任」を紹介してくれました。日本人には馴染みのある言葉ですが、「責任を持って」と「責任を取って」の使い方など日本語学習者にとってはやや混乱する点もあり、日本人にとっても英語ではどう言う意味なんだろうと考えるきっかけになるグッドチョイスでした。

準備スピーチは、TCさんとI岡さんのお2人。
まず、最初にTCさんからのスピーチ「犬もTCも歩けば棒に当たる!」。おっちょこちょいを自覚していた自分が最近やってしまった驚愕の勘違い。待ち合わせで指定された北千住駅と下北沢駅を間違えたのを到着してから気付いたと言う仕込んだネタかと思えるようなエピソードを、スピーチプロジェクトの目的に沿ってユーモアたっぷりに話してくれました。

2番目のスピーカーは、我らオーシャンが誇るリーダーシップを発揮されているI岡さんのスピーチ。仕事で最近あった昇進試験の体験をTMCでの学びとリンクさせて、また、得意のバリエーションが豊かな表現を駆使して、心の中の悪魔とエンジェルを演じるなど安定感のあるスピーチを披露してくれました。最後に聴衆へのメッセージとしてTMCの学びが仕事やプライベートでどう役立つかをしっかりとリマインドしてくれました。

続いて日本語テーブルトピックスは、例会開始時に突然アサインされたW辺さんから、準備スピーチのトピックと絡めたもの、今朝の言葉をテーマにした以下3問が質問されました。
Q1. これはやってしまったなと言う失敗は? To GRさん
Q2. 苦手だったもので克服できたものは? To K賀さん
Q3. 今朝の言葉「責任」にまつわるエピソードは? To S田さん
いずれの回答者も自らの体験と上手く結び付けて当意即妙な回答スピーチをしてくれました。

そして、次は準備スピーチへの論評の部です。
TCさんへの論評:S木さん
I岡さんへの論評:W松さん
やはりお二人ともベテランの安定感で、まず、スピーカーの良かった点を具体的に示して、論評の主目的の一つ、スピーカーへモチベーションを与えると言う点をしっかりと踏まえつつ、ベテランならではの高度な視点から改善ポイントを提案する内容でした。

休憩を挟み、後半は【英語の部】に移ります。

In English session, TM SA introduced the word “elated” which means very happy. The word is not so common especially among Japanese, but his choice of Word of the Morning always helps the members to acquire a new word.
Example in use the word, I’m very elated by the news.

Then, for the prepared speeches, TM YK and TM MK delivered their speeches.
1st speaker, TM YK spoke about social media “Enhancing your presence” He shared some survey data that shows which social media is popular and so on. And based on the study, he suggested our club makes the most of YouTube on top of Facebook and Twitter, which seemed really plausible.
2nd speaker, TM MK shared her family trip experience titled “It is not perfect, but it is our way”. She shared the difficulties in her family trip that she faced from the planning to the end of the trip. The audience was able to learn through the story as the difficulties were related to not only arranging the event but also communication way.

In terms of Table Topics session, TM SW conducted in addition to Japanese TT session master. And she picked up topics from English prepared speeches and the Word of the Morning.
Q1. How to enhance your presence at work or at home? To TM SO
Q2. How to relieve your stress? To TM SA
Q3. Could you share your elated experience? To TM MW

Next, we had the Evaluation session.
1st evaluation for TM YK was done by TM KI who was assigned to conduct this Evaluator in the beginning of this meeting. Nevertheless, he properly managed the role accordingy indicating some commendable points as well as improvement point with reason.
2nd evaluation for TM MK was taken care of by TM GR. She evaluated with appropriate manner indicating both commendable points and improvement points from her distinctive point of view.

At last, the general evaluator TM HK explained the points that we had achieved or need to be considered to improve for both sessions in Japanese and English followed by the reports that were number of filler words and impressive words used in speeches today as Grammarian and Ah Counter. 

Finally, the awards winners are introduced as follows.

Best Japanese TT: TM MK
Best English TT: TM MW
Best Evaluator: TM GR
Best Speaker: TM KI

Thank you for reading till the end. Don’t miss the next time!
Comments