第264回 例会(合同例会 with 鹿児島トーストマスターズクラブ)

2021/12/29 18:51 に Yokohama Ocean Toastmasters Club が投稿


いよいよ年の瀬も押し迫った12月26日、横浜オーシャンTMCと合同で年忘れジョイント・ミーティングを開催しました。
鹿児島14名、横浜17名合計31名が参加、オンラインを最大限に生かして、日本国内各所、米国、インドからメンバー、ゲストが参加し賑やかな例会となりました。

まずは、鹿児島会長のFさんのGreetingに始まり、TMODの横浜Kさんにバトンタッチ。

次は、制限時間なんと"15秒"の超特急でSelf Introductionタイム。参加者は15秒の間に自己紹介と今年のマイブーム、マイニュース等を披露し、エキサイティングなスタートを切りました。
15秒で時間を知らせるタイマーは鹿児島のOさんが担当!Oさんお疲れ様でした。

ロール担当者の紹介の後は、Pathwaysに基づいた準備スピーチの時間です。
今回は日・英各1本の合計2本となりました。
鹿児島からは、日本語スピーチ。インドから参加のNさんが、リーダーシップ論を披露。
横浜は英語スピーチを担当。米国在住のEさん(国籍はドイツだそうです)が、ネットワーキングのコツを、自分の経験をまじえて、"5Tips"という形にまとめて話しました。
いずれ劣らぬ名スピーチに、参加者は笑い、なるほど!とうなずき、あっという間のスピーチタイムでした。
Nさん、Eさん素晴らしいですぞ!!!

お次は、鹿児島・横浜各々からクラブ紹介スピーチを披露。
鹿児島からは、Fさん、Nさん、Oさんが、第3の言語(と言っても鹿児島弁です)でクラブの歴史や今の活動状況についてユーモラスに語りました。
後で分かったのですが、横浜にも鹿児島出身の方がいらっしゃり、懐かしさについウルルッとしてしまったそうです。
まさに、笑いあり、涙ありですね。

横浜からは、Iさんが横浜オーシャンの名の由来など、昔の例会記録も調べ上げて紹介してくれました。
横浜の新しいメンバーからは、「え~知らんかった!」との声も。
鹿児島メンバーにとっても、横浜メンバーにとってもとてもImpressiveなスピーチでした。
途中、横浜グルメの紹介もあり、お昼間近でやや空腹気味だったメンバーの食欲をそそることしきり。
何人かは例会が終わって、レストランへ直行した人もいるのではないか?と勝手に想像してしまいました!
あ~お腹すいた!

さて、つぎは、本日のスペシャルイベント、英語x3つ、日本語x3つの合計6つのブレイクアウトルームに分かれて自己紹介&お国自慢のショーとスピーチをしました。
各部屋では全員のスピーチが終わった後に、全員の投票による代表選出、そのあと、Q&Aタイムを設けて終了。
本セッションでは、25分を準備したのですが、各部屋、あっという間に時間が過ぎたようです。

スペシャルイベントの最後は、各部屋の代表6名による自己紹介&お国自慢スピーチを披露してもらいました。さらっと流すのはもったいないので、ザクっと内容をご紹介します。

No1 Fさんは、何と自分の子供時代の写真を披露!Zoomなので皆ミュート設定なのですが、参加者の「おお!」という心の声が聞こえてくるようでした。
No2 Uさんは、茨木県がいかに"日本2位"に恵まれた県であるかをアピール、来年は観光客が激増しそうです!
No3 Kさんは、自分の勤務経験地、そして故郷の三重県を広く紹介。世界遺産からグルメまで、改めて三重県の魅力をアピール。
No4 N子さんは、横浜のゲストで来られたのですが、実は鹿児島出身とのことで、全身から"鹿児島愛してるオーラ"を漂わせて、鹿児島を語っていました。
No5 Nさんも、現在は茨木県にお住まいですが、鹿児島の霧島出身ということでこれまた郷土愛にあふれたスピーチを披露。
No6 Hさんは、バリバリの都会育ちなのですが、現在は長野住まい。第2の故郷長野がいかに自分を魅了したかを語りました。聞いていた私まで長野ファンになりましたよ!

次は準備スピーチの論評タイム、鹿児島のNさんの論評は横浜のKさん、横浜のEさんの論評は、鹿児島のKさんと、鹿児島・横浜で相互論評をしました。
論評者にとっては、初めてスピーチを聞く相手になるので、緊張するのではないかと思いましたが、そこはさすがにトーストマスター。
制限時間内に、Good Points と Suggestions をきれいにまとめ上げました。
スピーカーも素晴らしいですが、論評者も素晴らしいですぞ!

最後は、横浜のE会長による、参加者への"愛"のこもったClosing Remarksをいただき、参加者全員大満足の合同例会でした。
横浜オーシャントーストマスターズの皆さん、ありがとうございました!
来年もお付き合いのほどよろしくお願いします。

では皆様、良いお年を!
Comments