第278回通常例会/Regular Meeting No.278

2022/07/24 6:17 に Katsuyoshi Suzuki が投稿   [ 2022/08/13 3:15 に更新しました ]
2022年7月24日、第278回通常例会を開催いたしました。
本日は会場とオンラインのZOOM会場を繋いでのハイブリッド例会でした。
夏休みに英語をはじめてみようかな、という方、ぜひご参加ください。

Yokohama Ocean Toastmasters Club 20220724-Regular Meeting

2022724日(日)、7月の2回目、今日はハイブリッド例会が開催されました。

前回612日に2年ぶりくらいにハイブリッド例会を実施した以来の実施となりましたが、会場参加者7名、オンライン参加者9名と言うバランスの取れた参加形態となりました。

ただ、今回、リアル会場のマイクの設定が上手く行かず、大幅な時間ロスがあり、英語TTが実施できないと言うハプニングもありましたが、こうしたトラブルも含めどう対処するか、今後にどう活かすか、学びの機会を享受できたと前向きに捉えたいと考えます。

 

さて、例会に話を戻して、教育セッションは、日本語セッションからのスタートです。

 

今日のTMOMは新VPETさん、オンライン参加でリアル会場側のマイクトラブルによる状況の把握が難しい中、英語TTを省略すると言う機敏な英断によるタイムマネジメントを含め無駄のないコントロールで、プログラムを最後まできっちりと進めてくれました。

 

今日の言葉は、W松さんから「熱気」を紹介してくれました。リアル会場側は、初リアル会場参加のK藤さんのパワフルな熱気に包まれていましたが、数名の方がそれぞれのスピーチの文脈に合わせて使っていました。

 

日本語準備スピーチは、K藤さんのみ。

昨年オンラインオンリーの環境で入会し、初の会場参加となるK藤さんが、ご自身のキャリアについて、副業?を含め仕事への思いや考え方などを披露してくれました。また、LINEスタンプの話は大いに笑いを誘う内容で、仕事と言う真面目なテーマだったのですが、終始、笑顔が絶えない楽しいスピーチでした。

 

続いて日本語テーブルトピックスは、S野さんから、仕事の合宿先からの参加で、合宿地の海が見える場所にちなんだ質問など以下3問が質問されました。

Q1. 合宿で?辛かったことは? To O田さん

Q2. 好きな海はどこですか? To S田さん

Q3. 夏休みの予定は? To O田さん

いずれの回答者も時間をしっかりと使ってエピソードとユーモア交えた回答を発表してくれました。

 

そして、次は準備スピーチへの論評の部です。

K藤さんへの論評:E藤さん

まず、スピーカーの良かった点を具体性を示して説明し、論評の主目的の一つ、スピーカーへモチベーションを与えると言う点をしっかりと踏まえつつ、具体的な改善ポイント「リアル会場でのスピーチは立って、ジェスチャーを交えた方がダイナミックになる」も指摘する、E藤さんのいつも通りの安心感を与えてくれる論評でした。

 

休憩を挟み、後半は【英語の部】に移ります。

 

In English session, TM CT introduced the word “rich”. In Japan, we tend to use it as a word to describe person who have a lot of money. But today, she explained its uncommon meaning in Japan such as “rich taste”, “rich content” etc.

 

Then, for the prepared speeches, TM JY and TM KI delivered their speeches.

1st speaker, TM JY spoke about “Success Journey”. This was his Ice Breaker speech. He seems he’s been learning the way to success for quite a rich amount of time. So, his speech was vey convincing with logical reasoning.

 

2nd speaker, TM KI spoke about self-motivating with full of his own experience. He even related his speech with YK’s today’s Japanese prepared speech on the fly. The speech was of course full of meaningful as well as insightful content for especially people like toastmasters who try to improve themselves.

 

In terms of English Table Topics session, TMOM CT decided to cancel it due to the time constraint.

It was so unfortunate, but we have to make such tough decision occasionally in real situation. We should learn from this how to avoid this kind of happening by confirming the root cause and preparation.

 

Next, we had an Evaluation session.

1st evaluation for TM JY was done by TM KS. He picked up many commendable points with reasons properly, then shared some tips to improve. Such well-organized evaluation definitely has proved how effectively he listened to as well as observed the speech.

2nd evaluation for TM KI was taken care of by TM MW. She managed to indicate both commendable points and improvement points from her distinctive point of view including good sense of humor.

 

At last, the general evaluator TM HK explained the happening about microphone problem at the venue and emphasized how we can learn from today’s challenge. While TM SO introduced the number of filler words used in speeches today. And many of them had great outcome with less than 1 filler words.

 

Finally, the awards winners are introduced as follows.

 

Best Japanese TT: Guest TM TO

Best Evaluator: TM MW

Best Speaker: TM JY

 

Thank you for reading till the end. Don’t miss the next time!

Comments