例会記録‎ > ‎

第36回通常例会レポート (2012-5-20)

2012/06/20 9:47 に Yokohama Ocean TMC が投稿   [ 2012/06/23 22:45 に更新しました ]

平成24年5月20日(日)、一般のゲスト1人、トーストマスターズゲスト4人をお迎えして、
第36回例会が開催されました。

まず、新メンバー、I藤さんの入会式が執り行われました。
これから、一緒にトーストマスターズを盛り上げて行きましょう!

また、会長のF山さんより、川崎トーストマスターズクラブが当クラブのスポンサークラブとなることが発表されました。
川崎トーストマスターズクラブからは、これまでも手厚いサポートを受けておりますが、これからもよろしくお願いします!

そして、本日のトーストマスターは、会長のF山さんです。
今回は、いつもの例会とは異なり、前半は、新会員向けのオリエンテーションを行いました。

「トーストマスターズの歴史と組織体系」(I垣さん)、
「メンター制度」(H田さん)、
「トーストマスターズの教育プログラム」(K田さん)、
「トーストマスターズの例会、役員活動から得られるもの」(S木さん)
と、豪華講師陣によるプレゼンテーションが行われました。

続いて、通常例会に移り、準備スピーチでは、
K賀さんが、CC#2「Organize Your Speech」の目標にそって、「TV DRAMA」というタイトルで、
アメリカのTVドラマ「Friends」の魅力、英語学習への応用について、英語でスピーチされました。

続いて、K崎さんが、日本語で、上級スピーチ「声を出して読み上げる」の目標にそって、
「まぶいを落す」というタイトルで、よしもとばななの「スウィート・ヒアアフター」の感想文と、草野新平がカエル語で書いた「ごびらっふの独白」という詩を朗読するという変わったスピーチをされました。

ベスト賞は、K賀さんが選ばれました。

テーブルトピックの部では、T山さんが担当され、時間軸も含む「旅行」をテーマに質問されました。
周囲がおもしろいことをしてくれ、楽しかった記憶が残っている、生まれたときに旅行したいと
回答されたK山さんがベスト賞を受賞されました。

論評の部では、K山さんが英語で、K田さんが日本語で論評をされました。
それぞれ、準備スピーカーに的確なフィードバックをされていました。
ベスト賞は、K山さんが受賞されました。

最後に、お越しいただいたゲストの方から入会表明がなされました。
チャーターまであと6人となりました!
Comments