例会記録‎ > ‎

第92回特別例会レポート(2014-10-12)

2014/10/14 15:10 に Yokohama Ocean TMC が投稿   [ 2014/10/26 8:29 に更新しました ]

2014年10月12日、第92回 横浜オーシャンTMCボイストレーニング例会が開催されました。

今日は16名の会員が参加し、2名のゲストにお越し頂きました。

まず例会冒頭に、Fさんの入会式が行われました。ネイティブスピーカーであるFさんの入会により、英語スピーチの部は一層レベルアップすることになりそうです。

 本日のTMOMは、先日のエリア42コンテスト日本語の部では銀賞を獲得し現在乗りに乗っているW辺さんです。本日のキーフレーズとして、英語が「imminent」、日本語が「大胆」と紹介されました。

最初の準備スピーチはS藤さん。「The most memorable trip」というタイトルで、忘れられないハワイ家族旅行についてユーモア一杯の英語スピーチをされました。

2番目のスピーカーはS本さん。「アクシデント」をキーワードに、ご自身のお仕事と私生活上で起きた出来事について、数字を交えて英語でお話されました。

 3番目にお話されたのは、横浜オーシャンTMC新加入のS藤さん。既に他のTMCで6年程ご活躍されているS藤さん。この間に体験した様々な出来事とTMCでの活動を通じて、言葉、コミュニケーション、そして人生について考えたことを日本語でスピーチされました。

4番目は、W松さんによるディビジョンD出場予定の日本語スピーチ。エリア42コンテストでの優勝後さらに改良を加えられて勢いを増す内容に、会場はたくさんの笑いに包まれました。

続いて論評の部。

まずA元さんが、1番目のスピーカーS藤さんのスピーチについて、豪華で楽しい旅行計画の話から一転、予想だにしない過酷な展開になっていく構成の面白さに注目して論評されました。

2人目の論評者E藤さんは、S本さんのスピーチについて、「仕事」と「プライベート」の2つのパートを「アクシデント」をキーワードにもう少し繋げられれば、一層素晴らしいスピーチになる等、とても分かりやすい論評をされました。

3人目の論評者H田さんは、日本語スピーチをされたS藤さんのスピーチについて、より効果的なステージの使い方について身振り手振りを交えて論評される等、オーシャンTMC新加入のS藤さんに対する溢れる期待が抑えきれない論評をされました。

本日の総合論評は、I藤さん。例会の進行における日本語と英語の使い分けを、ゲストの方にも分かりやすい形にしていくことの提案をされました。

文法係のI岡さんからは、英語の専門的な単語を使う際に、日本語で説明する方法の他、簡単な英語で言い換えて説明する方法もあることをお話頂きました。

 そして、気になる今回のベストスピーカーは……

言葉と人生について日本語スピーチをされたS藤さん!日曜の午前中にするには少々重い内容だったかなとのご本人の心配も何のその、見事ベストスピーカー受賞です!おめでとうございます!


そんな盛り上りをそのままに、アナウンサー、話し方講師など多方面でご活躍されている一色絵里さんを講師にお招きして、「ボイストレーニング特別セッション」に突入です。

お腹を使って声を出すという発声の基本から始まり、語尾まではっきり発音することの大切さや、一つ一つの母音をしっかり発音するトレーニングまで、とても実践的なご指導を頂き、参加メンバー一同、特別セッションの効果を実感しました。楽しく、また、大変勉強になるご指導下さった一色さんに心より御礼申し上げます。

特別セッションで学んだことを活かすべく、これからますます楽しく頑張っていきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。

Comments