例会記録‎ > ‎

106回通常例会レポート(2015-05-10)

2015/05/17 7:12 に Yokohama Ocean TMC が投稿   [ 2015/06/19 7:43 に更新しました ]

2015510日、第106回横浜オーシャントーストマスターズの通常例会が開催されました。

本日はK田さんの入会式から始まりました。

K田さんこれからよろしくお願いいたします!

 

入会式に続いて、前半は英語で通常例会、後半は日本語で役員選挙を行いました。

参加者は11名でしたが全員参加型の充実感たっぷりの例会でした。

 

まず会長のS藤さんから開会の挨拶があり、続いてTMOMK賀さんの司会で教育の部がスタートしました。

 

Word of the Morning』は、I岡さんから「equalityという言葉が紹介されました。

 

prepared speech session』の一人目のスピーカーはR川さんです。

CC#2Organize Your Speech」のプロジェクトで、”unexpected great tool”というタイトルです。

R川さんにとってのunexpected great toolはバトミントンでした。海外に行き言葉が通じず苦労していた時に、バトミントンを通じて心を通い合わせることが出来た、という心温まるスピーチでした。

偶然にも、最近の横浜オーシャンTMCにはバトミントンを得意とする会員さんが増えてきています。そのうちバトミントン大会が開催されるかもしれませんね。

 

二人目のスピーカーはE藤さんです。

CC#7Research Your Topic」のプロジェクトで、”Science of Dreams!”というタイトルです。

眠っているときに見る夢について、様々なデータを示してスピーチされました。皆さん興味津々で、E藤さんは休憩時間にたくさんの質問を受けられていました。

 

table topics』ではK島さんがtable topics masterを担当されました。先日のゴールデンウィークに関しての質問でした。今日はちょっと皆さん不調気味でしたかね。英語の即興スピーチはやはり難しい…。

 

evaluation session』では、R川さんに対してはS藤さん、E藤さんに対してはA元さんが論評を行いました。

 

 

休憩後の『日本語の部』では、来期の役員選挙を行いました。

候補者のスピーチと応援スピーチが交互に7役分行われました(つまり、14名がスピーチしたことに。あれっ、数が合わない!?)。

残念ながら欠席の候補者の方もいましたが、スピーチ原稿を会長のS藤さんが代読され、大いに盛り上がった役員選挙となりました。

来期役員となられる皆さん、一年間どうぞよろしくお願いいたします。

 

教育の部の締めくくり「総合論評」は、来期会長のI岡さんが行いました!

 

本日は、K田さんの入会や、来期役員の決定と横浜オーシャンTMCの明るい未来を感じさせる内容となりました。

次回例会、来期の活動、どれも楽しみです!


Comments