例会記録‎ > ‎

第139回例会 レポート(2016-9-25)

2016/09/27 6:10 に Yokohama Ocean TMC が投稿   [ 2016/09/27 6:45 に更新しました ]

2016年9月25日、第139回横浜オーシャントーストマスターズクラブ例会が開催されました。

今日はK戸さんの息子さんがゲストとして参加してくださいました。


今日のTMOMはベテランA元さん。シルバーウィークの影響で参加者が少ない中、安定したファシリテーション力で例会を進めてくれました。いつものことながら安定感があります。

前半は「日本語の部」。今日の言葉はA元さんからの「灯火楽しむべき」を意味とともに紹介してくださいました。


そして『日本語準備スピーチ』2本。いずれもACマニュアルというベテランが続きます。



1人目の日本語スピーチは、W辺(m)さんによる“塞翁が馬”。塞翁が馬とは、人間の吉凶・禍福は変転して予測できないことのたとえですが、この重くなってもおかしくない考えさせられるテーマを、いつものごとくW辺さんは軽やかに言葉を繋いでいきました。


2本目は、I岡さんによる“KISS”。キッスではなく、Keep It Simple Stupidという物事の考え方・伝え方をユーモアたっぷりのデリバリーで提供してくださいました。2人ともさすがアドバンス、レベルが高いです。スピーチのレベルが高いと論評は改善点を探すのが大変なのですが、論評初チャレンジのS藤さんはしっかりと改善点まで含めて論評されていました。


『テービルトピックス』、今日のTTマスターはK戸さんです。シルバーウィークをテーマに4つの質問を出してくださいました。質問毎に役に立つコネタをいれてくださり、全く聴衆を飽きさせません。




休憩を挟み、後半の「English Session」に移ります。A元さんによる『Word of the morning』は“get familiar with”。日本語・英語で同じ内容を入れるというのも面白いですね。


『Prepared Speech』は、横浜オーシャンのホープW辺(S)さんによる“Because it’s autumn”。運動(ジョギング)の大切さ及び続け方のヒントについて、流暢でありながらも分かりやすい単語、聞き取りやすいスピードで、説得力のある英語スピーチをしてくださいました。私はすっかり説得されて、例会後に久しぶりにジムに行ってジョギングをしました。W辺さんのおかげでいいスポーツの秋を送れそうな気がします。



論評者は、我らが師匠H田さんです。いつ聞いても師匠の論評はお手本です。論評構成、指摘ポイント、伝え方、どれをとっても参考になります。あのレベルまでなれるように頑張らなくては。




『Table Topics』はK島さんによりファシリテートされ、“Fall”にちなんだお題が4問出されました。ようやく秋めいた季節になってきた今にぴったりのお題でしたね。


本日のベスト賞は、テーブルトピックス・英語は久保Tさん、W松、日本語はH田さん、論評者はH田さん、スピーカーはI岡さんでした。みなさん、おめでとうございます!








日のランチは関内駅前のベトナム料理屋さんへ♪ここのランチセットはデザート、飲み物、生春巻き、そしてお粥食べ放題までついて、980円ととてもお得です。ランチで食欲の秋を満喫した後は、ジョギングでスポーツの秋です。みなさん、どうぞよい秋をお過ごしください。


Comments